1. まとめトップ

オタク女子必須アイテム!痛バの作り方

痛いバッグ、通称”痛バ”。最近、秋葉原や池袋で持っている女子を見かける人も多いのでは?アニメはもちろん、歌手やアイドルでもOK。大好きなものがある人は痛バ作りに挑戦してみませんか?

更新日: 2017年07月30日

gahi_gahiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 26070 view
お気に入り追加

■『痛バ』秋葉原や池袋で持っている女子を見かける人も多いのでは?

痛いバッグ、通称”痛バ”のことです。
人によっては、ヲタバとも言いますね。

秋葉原や池袋などで、目を引く鞄を持った女子を見かけた人もいるのでは?

似た物に痛い車を意味する、痛車がありますが
実際に街に出た際にアニメ・漫画・ゲームなどのキャラクターで
車全体をステッカー装飾した車を見かけた事がある方も多いかと思います

あの痛車のベースが、車からカバンになった物が
痛バ(痛バッグ)と想像して頂ければ、イメージが湧くのではないでしょうか

特にライブやイベントで持ち歩く方が多いようです。

女性向けだけでなく、男性も痛バッグや痛リュックを持つことがあります。
特に、ラブライバーに多いようですね!

■推しているキャラクターやメンバーがいる人は、痛バ作りに挑戦してみませんか?

①痛バッグにするキャラクターを決める

②カバンを決めましょう

グッズを見せるのが痛バです。
クリアバッグの使用がいいですね、出来るだけ自分の手にとってカバンとしても使えるものを選びましょう。

グッズを保護してくれる役割もあります。

痛バを作るときに一番使いやすいのはビニールつきのバッグ。
ビニールでグッズが傷ついたり落とすことを防止出来るので痛バッグ作りにとても便利なんです♪

トートバッグタイプを使う人が多いですが、窓付きのリュックなどでも大丈夫。あくまで自分が使いやすいものを選んでください。

最近でテーマカラーのあるキャラクターが沢山います。キャラクターの色と同じバッグで可愛さアップです。今回のヴィクトルの場合は、紫(ピンク)やミントグリーンなどがテーマカラーなので、その色のバッグを探すのもいいですね

earthの痛バのred、予約完了❤️❤️❤️ でも痛バって名前な笑 全然可愛いのに!!! pic.twitter.com/Dy4bAFJUaP

サンキューショップで思ったより小さい痛バに使えそうなやつ見つけたから、 少し改良して、一織の痛バとして使う。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。 pic.twitter.com/MuMHo1aiuR

※バッグの大きさで、グッズの数も決まります。痛バ作りの1番のポイントかも

③グッズを集めましょう

アニメキャラクターものは、最近は10数人程度のキャラクターグッズがランダムになって販売・配布されていることが多いです。

そこで、決まったキャラグッズをひたすらに買い取る(無限回収)や他のキャラグッズと交換(トレード)してグッズを集めていきます。

※金銭的に高額になる人もいます、無理はしないでください!

主な使用グッズは・・・

ランダムになっていることがほとんどです。
通常店舗で販売されている物以外にも、イベントなどの限定バッチもあります。

こちらもランダム販売がメインです。
店舗の他にも、一番くじや最近ではガチャガチャにも登場するようになりました。

色々なタッチで販売されていることが多いので、好きなイラストを探してみてください

単品で選べることが多いです。
キャラクターによっては、長身サイズ(スタンド付き含む)なものもあります。
色々なタッチで販売されていることが多いので、好きなイラストを探してみてください。

▼カバンによっては、キーホルダーカバーも使用してみてください。

足りない場合のアクセントには・・・

販売しているグッズによって異なりますが、バッチタイプやキーホルダータイプがあります)

スキマが出来た時の良いアクセントになりますね。

※アニメイトでは、くまがキャラクター衣裳を着て登場!

アニメイトで販売。
くまがキャラクター衣裳を着ています。
こちらもぬいぐるみタイプのもので、カバンに出来たスキマのアクセントになると思います。

キンキとうたプリは共演果たしたので、アイナナ映り込んでないか目を皿にして見てました いましたよ!!!!!!!!くまめいとのお洋服にいましたよ!!!!!!!!メッゾと光一様一緒に映ってます!!!!!!!!!!!!!!! pic.twitter.com/g5z0ANczyB

痛バ作りをしていた番組では、バッチなどでは推しキャラが集まらないので、アニメイトの店員さんのすすめでくまメイトでコーディネート。

1 2





gahi_gahiさん

お気に入りして頂いた方、ありがとうございます。

このまとめに参加する