1. まとめトップ
  2. 雑学

Twitter発。念の為、知っておきたい『雑学』

人によって必要性、重要性が異なると思いますが、一応知っておくとタメになりそうな情報をまとめました。

更新日: 2017年04月19日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
299 お気に入り 308300 view
お気に入り追加

◆『踏切に人が立ち入るのを目撃したら…』

踏切立ち入りの老人を助けに入った人のニュースで街頭インタビューを受けた人が「自分だったらどうしていたんだろう、どうすればいいんだろう」みたいなことを言ってたのですごく大事なことを書くよ。 「助けに入るよりも先に非常停止ボタンを押せ」 もう一度。 「まず非常停止ボタンを押せ」

◆『知らない人から交通費の工面を頼まれたら…』

知らない人から「交通費がないのでちょっと貸してください」って言われたら着駅精算って方法があるのを教えてあげましょう。 お金がない場合でも、最寄りの駅で誓約書を書けば後日精算ができます。 バスでも同様です。 公共交通機関では義務なのです

◆『中高年向け婚活サイトに入会した先輩から知り得た知見』

中高年向け婚活サイトというのに入会したパイセン(バツイチ)がおられ、「どんな感じですか(ニヤニヤ)」と聞くと「悪いが40も超えて結婚歴がない人というのはやはり何かが変だ。今では離婚歴のある人としか会わないことにしてる」と深刻な顔で言われ、ニヤケ面が妙に固まる。

◆『正しい結婚相手の選び方』

パートナーのアノ時の状態を観察するとよいらしい。。

アメリカで、既婚者700人(平均婚姻継続期間43年)を対象にした「正しい結婚相手の選び方」の研究に、「ゲームをプレイしている時の相手の態度を観察するように。ストレス下でどう振る舞うか、負けたときにどうなるかなどはパートナーとしての適性を教えてくれる。」とあったので参考にして下さい

◆『セクハラアンケートの結果』

女子大生へのセクハラアンケート。セクハラで一番多かったのが「キモい男からの告白や好意」。女子大生へ好意を向けることはセクハラに当たります。男子学生は十分に注意してください。

無情。。

◆『常套手段』

「自分に何かをしてくれる人」ではなく。。

へえー。人は「自分に何かをしてくれる人」を好きになるんじゃなくて、「自分が何かをしてあげた人」を好きになるんだって。何かをしてあげると、返して欲しくなる。しかし、返してくれない。すると相手への執着心が生まれる。これを愛情と勘違いするんだって。ヒモやキャバ嬢の常套手段。興味深い。

◆『元キャバ嬢から知り得た知見』

元キャバ嬢の友人が、この仕事に染まって一番ヤバいと思ったのは、貞操観念や金銭感覚が狂うことじゃなくて、男友達と普通に飲んでる時にふと「なんでこいつタダで私と飲めてるんだろ?」と思ってしまうことだと言っていて、確かにそれはKOEEEE!!ってなった。

◆『ハゲの意味』

【ハゲ】銀座などの夜の女性は、自らのパトロンを「ハゲ」と呼ぶ。社会的地位や経済力がある頭の禿げた熟年男性という意味はもちろんあるが、本当の意味は動詞の「剥ぐ」。金持ちから身ぐるみ”剥いで”しまえというが由来。

◆『美容師の本音』

シャンプー中顔にかけてあるやつがどんどんずれて「ヒャア!美容師がこっち見てる!」とあなたが思うとき、美容師もまた「ヒャア!お客様がこっち見てる!」と思っている

◆『床屋で知り得た知見』

こないだ20年以上通ってる床屋さんで、金正恩の髪型の話になって、『アレね…ホントやだよね…薄い刈り上げから、こめかみ横あたりでスーッと伸ばした髪に揃えてあるんだけどさ、ものすごーく難しいんだよあれ…しかも、三日に一回切らないと揃わないし…担当の床屋は辛いと思う』って言ってた。(h

命懸け…

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。