1. まとめトップ

高野 誠鮮は、氷見市地方創生アドバイザーで、科学ジャーナリスト、日蓮宗僧侶、立正大学客員教授、1994年から2006年3月31日まで金沢大学理学部大学院等の講師も務めた。 羽咋市役所勤務時代に限界集落を蘇らせ、『スーパー公務員』と言われた。元・羽咋市教育委員会文化財室室長。

高野誠鮮と仏教

本證山妙法寺の第41世住職を務める傍ら、石川県羽咋(はくい)市の公務員としても働く高野さん。大学から上京してフリーランスで働きながらも、30歳を目前に地元に戻ってから、僧侶・公務員として働くように。「ローマ法王に米を食べさせた男」「限界集落を蘇らせたスーパー公務員」と呼ばれ、TVドラマのモデルにもなった高野さんが考える人生観とは?

高野誠鮮と宇宙

高野誠鮮と農業

高野誠鮮と宇宙

戦略防衛構想(せんりゃくぼうえいこうそう、英語: Strategic Defense Initiative, SDI)とは、アメリカ合衆国がかつて構想した軍事計画。通称スターウォーズ計画。
衛星軌道上にミサイル衛星やレーザー衛星、早期警戒衛星などを配備、それらと地上の迎撃システムが連携して敵国の大陸間弾道弾を各飛翔段階で迎撃、撃墜し、アメリカ合衆国本土への被害を最小限に留めることを目的にした。通称は、これらの兵器を用いる事がスペースオペラ張りであるとして、アメリカ映画『スター・ウォーズ』に擬えられたもの。

1983年、アメリカ・レーガン大統領の宇宙に展開する対ソ防衛網構想。

 1983年アメリカのレーガン大統領が打ち出した、アメリカ防衛構想で、戦略ミサイル防衛構想。SDIは Strategic Defense Initiative の略。別名スターウォーズ計画。
 具体的には、「ソ連のミサイルがアメリカに到達する前にそれを迎撃し、破壊する防衛網を作り、アメリカ人が安心して暮らせるようにする」ということであり、そのため宇宙に防衛網を広げるというものであった。このレーガン構想はソ連を硬化させ1980年代前半の「新冷戦」をもたらした。

1





星を押すと
ミラクルいいことが
起こります。
凄い幸せが訪れます。
押せ!
おすのだぁああああ!(念力)

RRR!!! ALWAYS GIVE TNX!!! BLING!!!

このまとめに参加する