1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

バラは本数と色によって、意味が違ってくるんです♡

薔薇は女性に特別な存在で、
ロマンテックな恋愛のイメージが強い花♡

プロポーズのとき花がほしい女性は83%!

アンケート結果を見ると、圧倒的にバラが1位。
半数以上の女性がバラを希望していることがわかります。

■色別の意味の違い

「花言葉」は色によって意味が変わることはありますが、バラは「本数」によっても意味が変わります♡

赤いバラは153品種、ピンクは495品種、黄色は94品種、オレンジは63品種、白は150品種、青は8品種、赤黒系は15品種あるといわれています。

・緋色… 灼熱の恋、情事
・真紅… 恥ずかしさ、内気
・紅色… 死ぬほど恋い焦がれています
・濃紅色… 恥ずかしさ
・黒赤色… 決して滅びることのない愛、永遠の愛
・帯紅… 私を射止めて
・赤い蕾… 純潔、あなたに尽くします、純粋な愛、愛の告白、若さと美しさ

■本数に込められた「バラの花言葉」

《1本〜999本までの込められた意味》

1本は“一目惚れ”の意味

一目惚れという意味があるように“1本”の薔薇には「あなたしかいない」(運命の人)という意味も込められています。

3本は“愛してる”や“告白”の意味

愛する人に告白するときは、3本の薔薇を用意しましょう。

7本は“密かな愛”の意味

片思いの人にプレゼントするときには「7本」の薔薇を贈りましょう。

11本は“最愛”の意味

愛する相手へは「11本」の薔薇を贈りましょう。

99本は“永遠の愛”や“ずっと一緒にいよう”の意味

「99本」までいくと「花言葉」の意味合いも強くなってきました。
他には「ずっと好きだった」なんて意味もあります。

108本は“結婚してください”

プロポーズを考えている人は108本の薔薇を贈りましょう。
プロポーズの時や結婚式で、108本の薔薇の花束を用意するカップルも少なくないんだとか。

999本は“何度生まれ変わっても貴方を愛す”

999本の薔薇は、何度生まれ変わっても貴方を愛するという意味になります。

これだけたくさんの花言葉を持つ薔薇は、純粋な恋する気持ちから、別れ、移り気な気持ちの意味を持ったものまであります。

Q.女性が本当に欲しい花束は?

やっぱり欲しいのは、真紅のバラの花束♡

欲しい花束の首位に立ったのは、やはり、花の女王ともいえる、
「真紅のバラの花束」でした。

花屋で買うのが恥ずかしいという方は
通販でも注文できます♡

バラの花束をもらった幸せなTwitter♡

今年の結婚記念日もバラの花束だったんですって!出張で直接渡せなくて悔しがってたらしい(笑)いつまで経っても母のことが大好きな父です。 pic.twitter.com/PYKypa7pW0

1 2