1. まとめトップ

悲し過ぎて悲惨!!【貧乏な国】日本【どんどん貧しくなる】どうしたら良いの?

いつから日本人の暮らしはこんなにも貧しくなったの?夫婦共働きでやっとの生活費、洋服はノンブランドのカジュアルな服ばかり、ランチは簡単に食べれるジャンクなものばかり、車も軽自動車ばかり、週末の過ごし方もショッピングモールでウロウロ。これじゃー向上心も芽生えてこないよ。貧乏な日本。

更新日: 2018年06月22日

1 お気に入り 45927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

surfinboaさん

いつから日本人の暮らしはこんなにも貧しくなったの?夫婦共働きでやっとの生活費、洋服はノンブランドのカジュアルな服ばかり、ランチは簡単に食べれるジャンクなものばかり、車も軽自動車ばかり、週末の過ごし方もショッピングモールでウロウロ。これじゃー向上心も芽生えてこないよ。貧乏な日本。

今の日本には出来ていない事実があるし、おそらくこの先も絶対に出来ない。 むしろ、食事をとれるかどうかの瀬戸際まで既に追われてる状況が見える。 twitter.com/officeSugano/s…

久々のドトール。さすがに200円台はびっくり。 海外行って痛感するのは、 「本当に日本は貧乏」 ということ。この質と価格は世界水準では全く合ってない 日本はもう、過去の東南アジア的になってますね 資本主義自体も再考の余地… twitter.com/i/web/status/9…

おい!! 貧乏人向けに安い仕事紹介してるクラウドワークスの人が安い値段でコーヒー提供してるドトール見て「日本は貧乏」とかとんでもねえビーンボール投げてんぞ!! ありがとうございました!! https://t.co/GhJk0Ynnd6

仕事できるなら性別や出自なんざ問われないで、朝9時に会社いって6時には退社して8時には家族揃って晩飯食えて年齢×十万の給料もらって好きな車買って家を15年ローンで買えるという、「先進国として恥ずかしくない生活」を、サラリーマンが出来てないのなら、どんな経済政策だって失敗だよ。

▼具体的な解決策も頂きましたm(__)m

@Surfinboa 電波法を変える事が出来れば、平成26年度末で携帯電話契約件数が1億5,722万件で現在なら1億6千万件以上はあると思います。一月百円を復興支援に与えれば月160億円のお金が出来ます。ポケットWi-Fiやインタ… twitter.com/i/web/status/9…

▼今を「幸せ」と感じることが一番大切かも・・・。

夫婦で働けて軽自動車に乗れて料理も簡単に済ませることもできるって幸せなことだと思うが、今の幸せに飽きちゃったんだなw twitter.com/Surfinboa/stat…

▼かなり厳しい・・・。

民主党政権下頃が懐かしい(涙) 大半の庶民は追いつめられる…可処分所得の減少と負担増 nikkan-gendai.com/articles/view/… #日刊ゲンダイDIGITAL

テレビでは旅番組だったり街ブラ番組だったり食べ歩き番組だったり人気のようだが。これって結局、お金が無くてどこもいけない人が多いからテレビを見て欲求を満たしてるだけじゃないの! #貧困 #貧乏日本 #安倍政権 #昭恵はセレブ

日本の労働環境の劣悪さについて聞いたことがあるという人は多いですね。「過労死」という日本語が、ヨーロッパでもそのまま "karoshi" で通じてしまうくらいです。日本特有の現象なのでヨーロッパの諸言語ではひとことで言い表せないのでしょうね…。

ほんと気がつけよ…経済成長率は世界93位だよ。このままだと日本は破綻するよ。 pic.twitter.com/0GkNYJQ2xb

改めて見ると凄いな。20年前に比べて世帯年収の中央値122万円も下がったのか。これで戦後2番目の長さの好景気って言われてもね。低所得層がガッツリ増えてるんだから、間違いなく格差拡大してるなぁ。これで景気回復で賃金上がってるとか言わ… twitter.com/i/web/status/9…

素晴らしいアベノミクス 美しい国ニッポン 日の丸ニッポン 靖国参拝ニッポン 知らない間に日本は貧乏になってます。 消費税は増税、法人税減税してるからw pic.twitter.com/cS49U4Hygl

いい加減、目覚めなさい。  日本という国は、そういう特権階級の人たちが、楽しく、幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が、安い給料で働き、高い税金を払うことで、成り立っているんです。 pic.twitter.com/E6pihOkQk3

経済協力開発機構(OECD)は最近、世界で最も生活の質が高い国に関する調査『2016 Better life Index』を発表した。発表するにあたってOECDは、34カ国でワークライフバランス、金融資産、安全性、教育、環境など、よりよい暮らしを示す11の指標を調査した。

1 2 3