出典 science-2ch.net

釜ゆでにされる石川五右衛門

「釜茹で」というのは熱した油に放り込む刑罰。元は中国の刑罰だそうです。有名なのがトップ絵の石川五右衛門で、以降、江戸~昭和初期まで利用された巨大鍋みたいな形式の風呂を「五右衛門風呂」と呼ぶようになったのはこのエピソードより。蓋の上に乗っかってバランスよく沈み込まないと火傷するから、なかなか風呂に入るのも命がけです。

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】世界の拷問・処刑方法-日本編-

世界の拷問方法を国、地域別でまとめていきます。今回は日本編です。平和な時代に生まれてよかった・・・内容は閲覧注意です。見ているだけで痛くなってきます。

このまとめを見る