江戸時代の年貢滞納者などには「水牢」といい、おおむね腰の高さほどの水に漬かっている牢屋に閉じ込める刑罰が存在した。見た目とは裏腹にかなり残酷な刑罰で、座ったり横になって休むことができず眠ることもできない状態に置かれ、そのうちに皮膚が水を吸い過ぎてふやけてしまい破れてしまうというもの。

出典水責め - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】世界の拷問・処刑方法-日本編-

世界の拷問方法を国、地域別でまとめていきます。今回は日本編です。平和な時代に生まれてよかった・・・内容は閲覧注意です。見ているだけで痛くなってきます。

このまとめを見る