1. まとめトップ

東京に向けて…マラソン代表新選考方法「MGC」が画期的かもしれない

東京五輪に向けてマラソン代表の新選考方式が発表されました。

更新日: 2017年04月20日

1 お気に入り 3023 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asuho_manさん

“低迷”と言われて久しい日本マラソン界

世界のマラソンは高速化が顕著になっている。それをけん引しているのが、スピードのある選手たちだ。今回のメダリストを見ると、キプチョゲは北京五輪5000mで銀メダル、ラップはロンドン五輪1万mで銅メダルを獲得している(リオ五輪1万mでも5位)。

近年の世界大会は、スローペースで進んだとしても、どこかで必ず「高速レース」になる。そのときに、日本勢は、5kmで30秒ほどの差を簡単につけられてしまうのだ。

スピードでは太刀打ちできなくても、「夏マラソンでは勝負になる」という日本人のポジティブな発想は“幻想”になりつつある。

世界大会の代表選考を巡って様々な批判がされてきた

ここに来て新選考方法が発表された

日本陸連は18日、2020年東京五輪マラソン代表の新たな選考方法を発表した。

19年9月以降に開く新設の選考大会、マラソングランドチャンピオン(MGC)レースで男女各2人を代表に決定し、残る1人ずつは同レース後に実施される男女各3大会のタイム最上位選手とする。

簡単に説明すると

MGCレースに出場するには、今夏から19年春までの国内指定大会(予選に相当)で陸連指定の順位やタイムをクリアする必要がある。

今夏の世界選手権、18年アジア大会の上位選手にも出場資格が与えられる。事実上の2段階選抜となる。

東京五輪代表は、一発選考で男女2枠を争う「マラソングランドチャンピオン(MGC)レース」を創設して選考するのが目玉。

ネットでも「シンプルで良い」との声が多数

ガラス張りのわかりやすいルールになればいいですね。 東京五輪 マラソン選考は2段階方式に決定 (産経ニュース) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-sanke… #linenews @news_line_meさんから

東京オリンピックのマラソン代表選考が変わるの?! 頑張って欲しいな

東京なのかな。応援したい。RT @marathon_bot: マラソン代表「一発選考」 東京五輪へ新レース創設 - 日本経済新聞 dlvr.it/NwJ0Wz pic.twitter.com/5Qqw0lTjjh

MGCっていうマラソンの新しい代表選考はすごくいい。

マラソン代表「一発選考」 東京五輪へ新レース創設。だって!

指定大会は様々

MGCレースの予選にあたるのは、男子は福岡、東京、びわ湖、別府大分、北海道

この他にも世界陸上やアジア大会などのレースで、タイムや順位の基準をクリアすれば参加できる。

1 2