1. まとめトップ
  2. 雑学

ハリウッド史上に残る『悲恋』に、短くも美しく燃え尽きたセレブ達

『たった一度の恋』が、他の人の数十年分、或は一生分にあたるような『濃密な恋』だったとしたら、その後の人生は、あってないようなものかもしれません。未だ語り継がれる、ハリウッド史上に残る『悲恋』を生きたセレブ達。短くも燃え尽きたその人生。

更新日: 2017年04月24日

nonoichigoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 59527 view
お気に入り追加

▼わずか『4ヶ月』の恋が、後世まで語り継がれる『悲恋』に

本名 Anna Maria Pierangeli
別名 Pier Angeli
生年月日 1932年6月19日
没年月日 1971年9月10日(満39歳没)
出生地イタリアサルデーニャ島

ディーンは、映画『エデンの東』の撮影中にイタリア人女優
ピア・アンジェリと知り合い恋に落ちたが、アンジェリ家がローマ
・カトリック信者ではないディーンを嫌い反対、破局している。

ピアの母親は古風で頑迷な女性で、ジミーの無作法な振舞いを
疎んじていたのだ。更に厄介なことにピアの家庭は敬虔なカトリック
教徒であり、ジミー家はクェーカー教徒であった。

▼ジミーは面影を忘れようと、必死に そして『事故』或は『自殺』

ピアの結婚式の当日、教会の向かいの道には、オートバイをとめて
沈痛な表情をしたジミーがいたという噂もある。

その後、交際したのはアーシュラ・アンドレスで映画007の初代
ボンドガールで有名であるが、彼女は自ら彼から離れていった。
ジミー自身、ピアとの様な純粋な交際ではなかった。

短すぎるキャリアと衝撃的な死、それに公開葬儀がジェームズを
まぎれもなく時代を超えた魅力を持つ崇拝の対象にした。

▼親の言いなりに結婚したものの、ピアもまた『非業の死』を

ジェームズ・ディーンと別れたピアは親の言いなりにイタリア系の
歌手、ヴィック・ダモーンと結婚。

ピア・アンジェリは夫ヴィック・デイマンとの間に一人息子を
設けたものの、その数年後には離婚した。夫も勘づいていたと思う
が、ピアの心にはいつもジェームズ・ディーンが棲んでいた。

彼女は再婚したが、薬物の過剰摂取のため39歳で死亡。
(自殺説もあり)

▼美人で、女性の可愛らしさと気さくさで、『裏方』にも愛された人

名前 Jane Alice Peters
生年月日 1908年10月6日
没年月日 1942年1月16日(満33歳没)
出生地 アメリカインディアナ州

当時「キング・オブ・ハリウッド」と呼ばれていたクラークに
対しても、勝ち気なジョークを連発。

粋でエレガント、それでいてキュートでコケティッシュ。ガルボや
ディートリッヒのごとき美貌とルシール・ボールも顔負けのコメディ・
センスを持ち合わせた女優キャロル・ロンバード。

▼飛行機事故で『不慮の死』 夫は絶望の余り、自ら『戦地』へ志願

映画『風と共に去りぬ』
ヴィヴィアン・リーと

第二次世界大戦中は銃後の支援活動や慈善活動に尽力し、1942年、
そのキャンペーンの一環で訪れたアメリカ・インディアナからの帰路
、飛行機事故により33歳の若さで生涯を閉じた。

彼女の死に落胆したゲーブルは映画界を一時引退し第二次世界大戦
に従軍したほど。

ゲーブルは深く悲しみ、その悲しみを紛らわせるかのように第二次
世界大戦下で枢軸国と対峙していたアメリカ合衆国陸軍航空隊に入隊

アメリカ軍は当初ゲーブルを軍役には着くものの、実際の戦闘には
参戦させずに慰問部隊の一員として参戦させることを望んだ。しかし
ゲーブルはこれを拒否し、ヨーロッパ戦線でボーイングB-17爆撃機で
数度の出撃を行った。

1 2





nonoichigoさん

私のページに目を留めて下さって、ありがとうございます。よろしければ『Twitter』での応援、出来ればポチッと『いいね』ボタンも押して下さると、本当に本当に、大きな励ましになります。感謝を込めて♡