1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

baba8さん

到着が待たれる米空母カールビンソンだがどうやら北朝鮮ではなく南へ向かってるようだ。
アメリカは中国が北朝鮮と交渉する時間を与えたと思われる。
また、南の尖閣付近を航行することで中国への圧力ともとれる行動だ。

しかしここにきて、金正恩亡命説が急浮上!どうなってるの?

■米空母カールビンソンは今?

米海軍が18日、同空母が北朝鮮周辺の海域に向かっていないことを認めた。

米海軍の原子力空母カール・ビンソンを中心とする打撃群が、当初向かっているとされた朝鮮半島とは反対の方向に進んでいたことが明らかになった。

米軍 空母打撃群カールビンソン

実に奇妙な話だ。米軍のミリタリータイムズ紙。 日本海に入ると言われている空母カールビンソンは依然としてシンガポールのはるか南にいて、インド洋でオーストラリア軍と演習する予定。

中国官営英字紙のグローバルタイムズは「ひどく騙された。 韓国が切迫しながら待っている米空母はどこにも来なかった」書いた。

来日中のペンス米副大統領は19日、日米安全保障条約第5条について「尖閣諸島を含む日本の施政権下にある全ての領土に適用される」と明言し、海洋進出を強める中国を牽制(けんせい)した。

カールビンソンのこのような進路が誤解か、でなければ、意図的な「混同作戦」かをめぐっても分析が分かれている。

■一方北朝鮮では

北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場

施設内の3カ所でバレーボールの試合が行われ、さらに1カ所でバレーのネットが設置されている。

米韓研究所は、、衛星画像でバレーの試合を観察させることで「実験を保留する決定が下されたと伝えようとしているのかもしれない」と分析。

緊張が続くなか、北朝鮮は、戦後の混乱で帰国できなかった残留日本人の取材を日本メディアに初めて許可した。

会見したのは、北朝鮮籍の男性と結婚し、1960年代に北朝鮮に渡った5人の女性と戦後の混乱で日本に帰国できなかった残留日本人の荒井琉璃子さん(84)です。
ANNニュースより

北朝鮮がこれらの取材を設定した背景には、遺骨や残留日本人の問題をきっかけに日本との対話の糸口をつかみたいという思惑があるとみられます。

■なにやら水面下で動きが活発化しているのか?

韓国国防部で北朝鮮の分析官を務めた経験も持つ高永チョル氏も「中国側から北朝鮮側に、斬首作戦でやられるよりは亡命したほうがいいと提案した可能性はある」と話す。

北朝鮮が新たな核実験に踏み切るかどうか注目を集める中、中国当局が、金正恩朝鮮労働党委員長に亡命するよう説得しているとの可能性が伝えられている。

「4月末までに中国当局が金正恩委員長の亡命を説得し、失敗に終われば米国が先制攻撃に出る」というもの。

北朝鮮情勢をめぐって日本や韓国で緊迫した情勢が報じられる中、米トランプ政権は外交努力によって北朝鮮の暴発を封じる方向に舵を切ったようだ。米主要メディアが報じた。

1