1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

自民党の社会保障制度に関する特命委員会は、医療機関に支払われる診療報酬の来年度への改訂に向けて提言案をまとめた。提言案は社会保障費の伸びが今後3年間で1兆5千億円程度に抑制を「目安」に留意し、財源の確保に最大限務め、医師や看護師などの適切な確保を目指すなどとした。改訂にあたっては、住み慣れた地域や自宅で医療・介護を受けられる「地域包括ケアシステム」の構築や、ジェネリックの価格算定のルール見直しなどに重点的に取り組むとして、自民党特命委員会は近く厚生労働省に申し入れることにしている。

中国・重慶で、飲食店から転がってきた火だるまになったボンベがバスに引火する火災があった。この事故によるけが人はいなかった。元消防庁の坂口隆夫さんによると、火の勢いが推進力となって転がっていってしまったという。

先週水曜日に発売されたキャンディーズのDVDボックス「キャンディーズ メモリーズ」(ソニー・ミュージックダイレクト)が、けさ発表のオリコン週間チャートのDVDミュージック部門で1位を獲得した。DVDには「春一番」など解散コンサートで歌われた50曲全てが収録されている他、歌番組などに出演した際の貴重な映像も収められている。この快挙についてオリコン担当者は、「当時、後楽園球場に解散コンサートを見に行ったファンが購入している。今回は全曲収録された初めてのDVDということもあり、当然1万枚、2万枚と伸びていくことは予想される」とコメントしている。

中国・重慶の路上で、燃えたガスボンベがバスに燃え移り炎上する事故があった。乗客は避難したためけが人はなく、ガスボンベはレストランの料理人がバーナーを使っていたところ発火、ガスボンベを外に運び出したという。

国産初ジェット旅客機MRJまもなく初フライトする。

京都市教育委員会の在田正秀教育長は「薬物は子ども一人一人の身近に迫っている認識を持つべき」とコメントし、緊急の校長会が行われた。別の男子児童の喫煙について指導していたところ、「6年生の男子児童もタバコを吸っている」と話したという。6年制の児童を呼び出したところ、「たばこだけでなく大麻も吸った」と告白したという。男子児童は高校生の兄の部屋にあったので吸ったと話していることが新たに分かり、警察は家宅捜索し、通信制の府立高校に通う17歳の兄を大麻取締法違反の疑いで逮捕した。兄の部屋の本棚から微量の大麻草があった。警察は入手ルートなどを詳しく調べ、事実が確認できれば児童相談所へ通告する方針である。

MRJの初飛行が県営名古屋空港で本日行われた。期待の国産旅客機は、半世紀ぶりに大空に飛び立った。観覧に来た男性は、「シャープでスマート、そして格好いい」とコメント。国産旅客機の実用化に向けて大きく前進した。MRJ最大の売りはその燃費の良さ。ライバル機に比べ、2割程度良いとのこと。

今日の番組内容紹介。「ネットでも記録的爆買い、中国1日で1兆円超」など。

名古屋空港で国産初のジェット旅客機「MRJ」の初の試験飛行が行われた。かつてゼロ戦などの戦闘機で世界を席巻した日本の航空技術。GHQが航空機の開発が禁止し、技術開発は途絶えた。1962年には国産初のプロペラ旅客機YS-11が開発されたが、赤字をかかえ、生産終了した。2008年に三菱重工の佃和夫会長(当時)は「中小型機の需要が非常に一番伸びている。タイミングとしてはまさしく今だと」と語り、国産ジェット旅客機の開発が再び始まった。リージョナルジェットは今後20年間で5000機以上の新規需要が見込まれており、大型旅客機市場より参入に期待がかかっている。

小学6年生の男子児童が「大麻吸った」と話した問題で、高校生の兄の部屋から大麻草が見つかり、高校生の兄は大麻取締法違反の疑いで逮捕された。今年9月には同じ京都市内で高校生4人が大麻草を隠し持ったり譲り渡したりしたとして逮捕されたばかりであった。

ワタミは客離れが止まらない店舗について、新たな業態への転換を本格的に進める方針を明らかにした。ワタミの決算会見で、清水邦晃社長は厳しい結果だと語った。また介護事業については損保ジャパン日本興亜ホールディングスに210億円で売却予定だと伝えた。

1