1. まとめトップ

派遣社員が派遣先の正社員になるのはあり?派遣社員を派遣先企業が直接雇用するのはあり?

「あり」です。
派遣契約期間中に途中で辞めるのは問題が起こる可能性がありますが、
契約更新をのタイミングで契約更新をしないで派遣先企業の正社員になるのはまったく問題ありません。

派遣社員が派遣先に直接雇用されると派遣会社は売り上げが下がるため食い止めようとすることがありますが、派遣会社が、派遣契約後の直接契約を止めることはできません。
労働者派遣法第33条で、派遣先と派遣労働者が派遣期間終了後に雇用契約を締結することを、派遣元が禁止してはならないと定めています。

<参考:労働者派遣法第33条>

(派遣労働者に係る雇用制限の禁止)
第33条 派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者又は派遣労働者として雇用しようとする労働者との間で、正当な理由がなく、その者に係る派遣先である者(派遣先であつた者を含む。次項において同じ。)又は派遣先となることとなる者に当該派遣元事業主との雇用関係の終了後雇用されることを禁ずる旨の契約を締結してはならない。
2 派遣元事業主は、その雇用する派遣労働者に係る派遣先である者又は派遣先となろうとする者との間で、正当な理由がなく、その者が当該派遣労働者を当該派遣元事業主との雇用関係の終了後雇用することを禁ずる旨の契約を締結してはならない。

派遣先企業が派遣社員を直接雇用する場合は、派遣会社に手数料を払わないといけない?

派遣会社と派遣先企業が、元々直接雇用を前提とした紹介予定派遣として契約をしていた場合、直接雇用をする際に派遣先企業は派遣会社に紹介手数料を支払う必要があります。
紹介予定派遣でない場合は、紹介手数料を支払う必要はありません。

紹介予定派遣でない場合でも、派遣会社から紹介予定手数料を求められることもあるようですが支払う義務はありません。逆に派遣会社が紹介手数料を強硬すると上記の労働者派遣法第33条違反となる恐れがあります。

■直接雇用に切り替える際の留意点

1. 派遣元事業主は、派遣先事業主との間で、原則として派遣社員の雇用期間終了後に派遣先事業主が派遣社員を直接雇用することを禁止する契約を結んではならない

2.紹介予定派遣を含め派遣元事業主による職業紹介によって派遣社員を直接雇用した場合には、派遣元事業主に紹介手数料を支払う必要がある

3.派遣先事業主が派遣終了後に、派遣元事業主を介さずに、派遣社員を直接雇用した場合には、紹介手数料を派遣元事業主に支払う必要はない

ネット上の情報で、派遣社員が派遣先企業の正社員になるのは派遣会社が許さないとか
派遣先企業が多額の紹介手数料を払わないといけないなどの情報を書いている人がいますが
上記のようにまったく問題はありません。

法的な問題だけでなく、倫理的にも問題ありません。

派遣会社は、派遣先が契約更新を拒否をして次の仕事が見つからなければ派遣社員をクビにします。
逆に派遣社員が契約更新拒否したら、派遣先は仕事に慣れている人材を失います。
派遣会社は、派遣契約期間以後について派遣会社は何の義務も責任も負っていません。
直接雇用を拒否するとか紹介手数料を請求する権利なんて派遣社員にはないのです。

1







  • 話題の動画をまとめよう