出典 tanatyuu704さんがアップロード

最初に作られた鉄の処女は、木製の体と鍛造鉄の頭を持ち、女性を模った姿をしていた。
200年前に作られたレプリカは、木製の枠と金属で覆ったもので、長さ20cmの釘が内蔵されいる。
神を冒涜するなどの罪を犯した者を、この装置の中に押し込む。
そして扉を閉めると釘がその体に突き刺さる。
その状態で自白するのを待つ。
実際は鉄の処女に入ることは、死を意味していた。

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】世界の拷問・処刑方法-ヨーロッパ編-

世界の拷問・処刑方法。今回はヨーロッパ編です。クレイジーな拷問、処刑方法といえばヨーロッパの印象が強いですが、やはりすさまじいです。内容は当然閲覧注意!自己責任でお願いします。

このまとめを見る