出典 tanatyuu704さんがアップロード

あることないことを言いふらす女にこの器具を被せ、町の広場につながれました。

仮面のデザインは、当時下賤の生き物と考えられていた「ブタ」をモチーフとしており、それを被らせることで侮辱を与える意味がありました。

器具の内側の口の部分には突起がせり出しており、これを被っているときはうめき声しか出ないようになっています。

中には内側の目の部分にトゲがついたものがあり、解放後もしばらくはアザが付きそれとわかるようになっていました。

当時は周りのみんなが顔見知りのような社会でしたから、この刑を受けた後はロクに近所付き合いも、買い物すらまともにできなかったでしょう。

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】世界の拷問・処刑方法-ヨーロッパ編-

世界の拷問・処刑方法。今回はヨーロッパ編です。クレイジーな拷問、処刑方法といえばヨーロッパの印象が強いですが、やはりすさまじいです。内容は当然閲覧注意!自己責任でお願いします。

このまとめを見る