1. まとめトップ

立てない!座れない!歩けない!恐怖の坐骨神経痛

坐骨神経は腰から足の指先にまで伸びる、非常に長い神経です。そのためどこかで圧迫されると、痛みやしびれが脚のいたるところで発生する恐れがあります。そしてひどくなると、立つ、座る、歩くという日常的な動作が短時間しかできなくなり、行動に大きな制限ができてしまう場合も。どう改善したらいいのでしょうか?

更新日: 2017年04月21日

ryourairaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 7383 view
お気に入り追加

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

単なる筋肉痛と思い込んでいる痛み、もしかすると坐骨神経痛かも?

坐骨神経痛と腰痛はどう違う?

腰痛と坐骨神経痛のちがいは、腰痛は腰とおしりにのみ痛みや重さがありますが、坐骨神経痛はおしりや下肢にしびれや、つっぱりがでることです。坐骨神経痛と腰痛は一緒にでる場合もありますし、でない場合もあります。

痛みやしびれが脚に及ぶようになったら、坐骨神経痛だと考えたほうがいいかもしれません。

坐骨神経痛を放置すると大変なことになる

坐骨神経は膀胱(ぼうこう)や直腸などの排尿や排便の機能を支配しているため、重度の坐骨神経痛になると尿失禁や排尿困難・便秘などの膀胱(ぼうこう)直腸障害が起こることもあります。このような症状が現れた場合には外科的な処置が必要です。

坐骨神経痛の原因を突き止める

高齢の方の多くは腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)が原因で坐骨神経痛が現れます。腰部脊柱管狭窄とは、腰のあたりにある脊柱管(神経が通る背骨の隙間)が老化などによって狭くなり、神経が圧迫された状態のことを言います。若い方の場合は、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアが原因となって引き起こされるケースが多いです。

年齢によっても考えられる原因が異なるようです。

坐骨神経痛をセルフケアで改善する

仰向けになり、梨状筋のトリガーポイントに対して、ゆっくりとゴルフボール・テニスボールを押しあてます。
20秒〜30秒を目安に押しあてます。
少し位置をずらして同じように行います。

狭窄部位の除圧を行うストレッチ

狭窄症による坐骨神経痛は、腰をかがめて神経をリラックスさせてあげると楽になります。
仰向けで寝て、力を抜いて両手でひざを軽く抱える
息を吐きながら両ひざを胸に近づけ、5秒キープ
力を抜いて、最初からくりかえす
10回1セットで、痛みがなければ1日6セットが目安

椅子を使った太ももの裏の伸ばし方

椅子の前に立ちます
椅子に片足を載せます。(このとき、軸足はまっすぐ前を向けます)
片足を載せたら体を前に倒していきましょう。
※注意点としては、体を曲げるときはまっすぐすることです。体が曲がっていては伸ばしたい筋肉が伸びません。また、椅子の上に乗せた足をガニ股にしたり内股にしたりして角度を変えることで太ももの筋肉が全体的に伸びます。

自宅でのセルフマッサージやストレッチで改善できれば一番いいですね。

長時間のデスクワーク等、長時間同じ姿勢を続ける事で坐骨神経痛の悪化を招きます。
座りながらよいしょよいしょでストレッチをしてみて下さい。
①背もたれのある安定した椅子に深く座る。(キャスターが着いた椅子は危ないです)
②両膝をしっかり開いて、膝に手を当てる
③胸を張る様に足を開いて、太ももの内側筋肉を伸ばします。

症状が重い場合は坐骨神経痛のエキスパートの手を借りる

総合病院やペインクリニックなど、整形外科の専門医に診察してもらうのが良いでしょう。

薬や注射・手術が嫌な人は

1