1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

経済に暗雲!?小売店が相次いで「値下げ」することの意味

セブンイレブンやイオン、ユニクロなど大手小売店が相次いで値下げを発表しています。その値下げが意味するものとは…。

更新日: 2017年04月21日

55 お気に入り 197480 view
お気に入り追加

■日本経済は好調といわれている

日本国内は、企業の業況判断を「緩やかに改善している」から「改善している」に上方修正した

小売企業の業績が好調だ。2018年2月期は主要57社の8割弱で純利益が増加し、セブン&アイ・ホールディングスなど3社に1社が最高益になる見通し

日本銀行は、26~27日に開く金融政策決定会合後に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2017年度の経済成長率見通しを上方修正する方向で調整に入った。

ほとんどの人が景気良いなんて実感ないよ。一部の企業と人だけ。計測の仕方を変えたほうがいい。 景気拡大51カ月 戦後3位の長さに 米軍のシリア攻撃で回復ムードに冷水(SankeiBiz) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-… #Yahooニュース

すげー景気の良さそうな自営の親父さんがインタビュー受けている。 世の中は景気がいいのかや? ここまで実感ないですけどねー。

クイズ番組がやたらやってる時は景気がいいらしいが、まったく実感ない。

■そんな中、大手小売店が相次いで値下げを発表した

コンビニ最大手のセブン-イレブン。19日から洗剤や歯磨き粉など、日用品61品目を値下げします。歯ブラシは30円引き、綿棒は64円引き、平均で5%の値下げ

値下げ幅が一番大きいのは、64円安くなる綿棒で、値下げ幅は約20%。さらに、これまで扱いのなかった個数の多いトイレットペーパーなど22品目を新たに商品のラインアップに加えた

洗濯用洗剤やティッシュなどの日用品で、プライベートブランドではなく日本のメーカーのナショナルブランドのものが対象となる。

イオン <8267.T>は11日、イオンリテールの約400店舗において、4月中にナショナルブランド(NB)の食品や日用品239品目の値下げを実施することを明らかにした

最大254品目を4月17日から順次値下げすると発表した。値下げ幅は平均で10%程度。

メーカー品では税抜き98円で販売している菓子パンを88円に、同235円の歯ブラシを215円に引き下げる。PBでは「トップバリュ天然微炭酸の水」を税込み149円から105円にする。

2014、15年と連続値上げを断行した。しかし、値上げに伴う客離れが進み、既存店売り上げが失速したことから、今年に入り、定番商品を中心に「新価格」と銘打ち、値下げ路線に180度転換した。

ユニクロの取り組みです。

ディスカウントストアのMrMaxは13日、日用品など500品目を全57店舗で値下げしたと発表した。値下げ幅は平均で2割程度。

バッグ大手のサマンサタバサジャパンリミテッドは主力ブランドで今春から価格帯を2~3割程度引き下げる

コンビニで一部日用品値下げかぁ、これは嬉しいねぇ

UNIQLOボーダーT値下げ嬉しい買わないと!! ボーダー着る女はモテないってその昔言われたよね私いつもシマシマだよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

■以上のように、小売店が値下げしなければならない理由

小売りの売り上げが芳しくありません。

背景にあるのは消費者の節約志向の高まりです。家庭の出費は12か月連続でマイナスです。

3月の東京都区部消費者物価指数(中旬速報値)は、生鮮食品を除く総合指数が前年同月比0.4%下落した。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう