1. まとめトップ

中国人がオススメしていた料理を日本人である私が実際に食べてみて、日本人の舌にも合うと判断したところのみ追加していきます。

池袋ー海底撈火鍋(ハイラオディー)

中国に100店舗以上のお店を構える火鍋店。中国本土でも大人気で2時間待ちは当たり前。サービス重視のお店で、日時・時間によっては中国で有名な変面を観ることができる。日本の池袋に出店が決まった際には、日経新聞にも取り上げられたほど。

赤坂見附ー唐朝刀削麺

平日の昼時にはランチ行列ができ、夜も宴会が行われていることもあり、常に賑わっている。ピリピリくる刺激がたまらないが、日本人も食べられる辛さ。パクチー抜きにすることも可能。

錦糸町ー東京穆斯林飯店 (ムスリム飯店)

怪しいネオンの看板があり、知らなければ入らないであろう地下のお店。ムスリムと書いてあるが、豚肉がないという要素以外は中華料理そのもの。中はソファーが多く、ゆったりとできる。骨付きラム肉が有名。

渋谷ー南翔饅頭店

上海一人気の小籠包店。上海るるぶにも掲載されており、上海っ子たちで行列をなしている。

大久保ー千里香

韓国や北朝鮮に近い地域である朝鮮料理。韓国料理に近い部分もあるが、基本は中華料理。自動串焼き機なるものがあり、串をセットすれば自動で回転してくれる。ラム肉の串焼きが有名。上野店、池袋店もあり予約してから行くのがオススメ。

1





eyeshowさん

このまとめに参加する