1. まとめトップ

【左右にピョンピョン跳ねると速くなる!?】

ある程度やり込もうとすると最初にぶつかる壁サンダードリフト。略してサンドリ!
WiiU版マリオカート8の最大の特徴と言っても過言ではない仕様だったが、
残念ながらSwitch版では元の仕様に戻ってしまったようだ。

↓参考動画

【サンダードリフトの効果が切れた後もねじねじしてたら速くなる!?】

最初にやってる人のタイムアタック動画を見た時、何故これで速くなるのか全く分からなかった
ねじれドリフト。略してねじれ!
正確には速くなるというより、マリオカート8ではサンドリやキノコなどで最高速度に達した直後
から緩やかにスピードが落ちて元のアクセルボタン押っぱなし時の速度に戻る仕様なのだが、
ねじれは最高速度から元に速度に戻るのを遅らせる事が出来るから結果的に速くなってるらしい

Switch版でねじれが使えるのかどうかは現在不明。

↓参考動画

【下り坂でサンドリしたら減速したけど、ねじれなら速くなる!?】

スローダウンサンダードリフト。略してスロサン!
やってる事自体はねじれドリフトと同じ
しかしマリオカート8ではあまりにも立体的で反重力地帯などによって複雑な形をした
コースが多かったので今自分が走ってる場所がサンドリしたら遅くなる下り坂判定なのか
分かりづらいコースが多かった。

【例↓の動画のコースとか】

ちなみにサンドリでも減速しない下り坂もあるので覚えるのが大変だった。

【ジャンプ台でジャンプアクションするよりその崖先や手前の上り坂に ドリフトで車体引っかけてミニターボ溜めて発動後にねじった方が速くなる!?】

ジャンプアクションスルー。略してJAスルー!
WiiU版マリオカート8はサンドリやねじれによって減速せずに車体の向きを変え放題
だったために生まれた技術
今現在、殆どのジャンプアクションの出せそうなジャンプ台や崖先はJAスルーに
置き換わっている。
速くなる理由は、ドリフトでミニターボ溜めながら上り坂を超える方がジャンプアクションで
上に飛ぶよりも低く無駄のない高度で崖を越えられるのに加えて直後のミニターボ発動からの
ねじれの速度がジャンプアクションの後に出るターボの速度を上回っているので速くなる。

ちなみに操作はめちゃくちゃ難しい。失敗するとドリフトが出ない。ミニターボが出ない。
坂につっかかって減速する。ドリフトしながら崖越えた後に変な方向に飛んでいくなどなど。
JAスルーを安定した精度で出せる人は真の上級者と言えるだろう。

Switch版で使えるのかどうかは現在不明

【動画参照↓走法改良で殆どジャンプアクションがJAスルーに置き換わったコース】

【コントローラーをハンドルやWiiリモコン横持ち操作にしたら速くなる!?】

ハンドル補正、D-pad補正(wiiリモコン横持操作の略称)
WiiU版マリオカート8が発売されてから1年ぐらい経つまでは殆どのガチ勢ですら知らなかった仕様。複数のコントローラーに対応してるこのゲームだからこそ起こった悲劇

簡単に説明すると、WiiハンドルとWiiリモコン横持操作に限り、他のコントローラー
(ゲームパッド、プロコン、クラコン、ヌンチャク操作)にはない補正が付いている。

具体的に付いている補正は、地面が滑りやすい氷や砂漠、雨に濡れた路面などのコースで
かなりのアドバンテージを得られる滑りにくさ補正。

それとドリフト中にある程度車体を動かしても他のコントローラーより減速しづらい
減速回避補正などが付いていて、

その仕様が判明してからは、特にタイムアタック界隈で
今まで補正なしコントローラーを使ってたガチ勢が
Wiiリモコン横持操作に乗り換えて、今までの補正なしの世界記録を塗り替えまくるという
事件が起こってしまい、マリカ8界隈は補正あり派と補正なし派に大きく分断されてしまった。


ちなみにハンドルは、ある程度補正が付いているという噂はあったが、あまりにも
普通のコントローラーに比べて操作が難しいので、あまり乗り換える人はいなかった。

Switch版はWiiリモコン未対応なのでD-pad補正はなくなったと思われるが
ハンドル補正については残っている可能性あり。

(↓参考URL:現在のマリオカート8のタイムアタック世界記録のまとめページ)
(十字キーマークとハンドルマークの付いてるコースがハンドルかD-pad使用)

1





448号さん