1. まとめトップ

歯周病と「本当に」戦ったまとめ

専門の歯医者さんに行かないと歯周病は改善しません。

更新日: 2017年04月21日

tsukuyomi63さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 36 view
お気に入り追加

最近、歯周病専用の歯磨き粉のCMが多い。あんな物は効果などない!

出典http://尿酸値を下げる食べ物.biz/shisyuubyou/

たまに左上の奥歯が痛んだりしていたのだけど、それがたまにどころじゃなくなり、しかも歯が浮いている感が半端なくなった。
というわけで、近所の歯医者に行った。

近所の歯医者曰く「虫歯は無い」との事。
だけど件の奥歯はぐらついて痛むのだ。
自分的にはうっすらと歯周病を疑っていたが、先生は其れには触れず「噛み合わせかなぁ」と言って調整をするのでそんなものかと思っていた。

歯ブラシ・フロスなどの日々のご自身のお手入れから歯科で行う歯石の除去などの予防歯科の大切さを理解している歯科医院こそいい歯医者だといえるでしょう。

何回か通って「治療は終わり」と言われたが一向に改善していない。この時はこの歯医者には見切りをつけていたので「ありがとうございました」とサヨナラした。

ネットで副鼻腔炎でも歯痛が起きるとあったので、耳鼻科に行ってみた。レントゲンを撮ると「副鼻腔に膿がある」との事。
痛み止めと抗生物質を3カ月飲み続けた。

副鼻腔炎になると上顎の奥歯全体が痛くなることがあります。上顎の奥歯の根は副鼻腔に入り込んでいることが多く、副鼻腔炎になると炎症が根の先から伝わり、上顎の奥歯が痛くなります。

半年後、痛み再発。
これは副鼻腔炎が原因ではなく、逆に歯周病からの副鼻腔炎かと悟った。
今度は奥歯がもうグラグラだったので急いで歯医者に行った。もちろん前回と違ってネットで歯周病治療に力を入れている歯医者を探してそこに予約を入れた。

歯周病はお金にならないんだよ。差し歯や入れ歯のほうがお金になるし、歯周病は手間の割には儲からない。だから歯周病専門の歯医者さんがいいんだよ。

出典http://尿酸値を下げる食べ物.biz/shisyuubyou/entry19.html

初診の日に件の奥歯は即抜歯。
歯茎の状態は最悪で歯周ポケットは5ミリ以上で歯石まみれ、とクソミソな診断。
まずは、目立った虫歯を治療し、日々の歯磨きの方法を指導してもった。状態が悪すぎるので歯周病治療ができる歯茎のコンディションにするところからだ。

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

右、前、左、それの上下と6回に分けて歯と歯茎の奥深くの歯石を取っていく。何十年とケアされてないので歯石はカチカチに硬くなっている。麻酔されているが色々痛い。

半年かけて治療が一旦終了。
3ヶ月後に再検診でケアしてもらう。

歯周病は歯医者に行かないと治らない。
そして歯医者選びは大事だと思い知りました。
皆様、歯周病は市販薬では改善しません。まずは専門の歯医者さんに行きましょう。

1





tsukuyomi63さん

色々まとめてみます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう