当初、秀吉は経家の処刑まで必要はなく、
切腹は抗戦派の重臣である森下道誉、
中村春続の両名で済ませ、経家は織田家に帰順させようと
調整を図っていたが、経家の意志はげに固く、
最終的には信長の許可を得て、
経家、道誉、春続の三名が切腹している。
森下道誉、中村春続は天正九年十月二十四日に割腹、
吉川経家はその翌二十五日に割腹して果て、
こうして鳥取城は降伏開城するのである。
吉川経家、享年三十五歳。

出典鳥取の飢え殺し (とっとりのかつえごろし)とは【ピクシブ百科事典】

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る