1. まとめトップ

【朗報】32bit版windowsで4G以上メモリを使える方法(ReadyFor4GB)

32Bit版のOSでも64Bit版と同様のメモリー認識をさせるソフトです。

更新日: 2017年04月21日

1 お気に入り 229 view
お気に入り追加

メモリー増設に限界がある32bit版…

32bit版では4GB以上のメモリを搭載しても、実際使えるのは3.25GB前後までとなってしまいます。もったいないです。

今回紹介するReadyFor4GBは、この3.25GBだとか4GBだとかの壁を取り去って、64bit版と同じように4GB以上の大容量のメモリをOSに管理させるものです。
起動時にReadyFor4GB導入Windows7を起動させるか、普通の3.25GBまでのWindows7を起動させるかが選択できるようになります。

ReadyFor4GB導入の手順

必要なもの
・BIOSが「Memory Remap Feature」に対応しているPC
・4G以上のメモリ

1.解凍(基本ですこれができない人はしない方がいいです。

2.解凍して出てきたReadyFor4GB.exeをクリックします。

3.Applyをクリック

4.はい→OK

と簡単♪

その作業が終わったら

5.次にReadyFor4GBフォルダの中の「AddBootMenu.cmd」をダブルクリック。
 コマンドプロンプトが起動するので「Y」を入力してEnterをクリック。
 OKとでたらCMD終わる。

6.再起動してOSの選択の画面が出たら
 「OSの名前+[128GB with ntkr128g.exe]」
 を選択すれば、夢の4G超ぇにないります。

ReadyFor4GBの評価

①いい評価

・8GB認識し、全部使えた。
・パフォーマンスが落ちることはなかった。
・不具合もなかった。

②悪い評価

・画面右下にテストモードが表示される。(解決策あり)
・Blu-ray、地デジ等、著作権にうるさいものが、Windows Media Playerや
Media Centerでは再生できなくなる。(他の再生ソフト使えば関係ない)
・NVIDIAグラフィックカードで3Dゲームをしていると、一瞬画面が真っ黒になる。
(解決策あり)

デュアルブートになり元のOSは残る

1





〈主な記事のジャンル〉
○音楽
○二次元・アニメヒロイン
○ゴシップ
○R18向け
○アニメ・ドラマ無料動画まとめ
他の記事もぜひご覧ください↓

このまとめに参加する