1. まとめトップ

長野県

長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県である。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれる。海に面していない、いわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。 県庁所在地は長野市で、善光寺の門前町として発展し、第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C

観光地

本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作である。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20201ag2130012807/?screenId=OUW1701

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重天守の中では日本最古の国宝の城です。黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観です。大天守と、泰平の世になって造られた辰巳附檜・月見檜のまとまりは「複合式天守」と呼び、それぞれの時代を象徴しています。この連結複合式天守は松本城だけに見られる特徴的な構造です。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20202af2120158570/?screenId=OUW1701

参道は2kmあり中間にある樹齢400年の杉並木が圧巻です。社殿は何百メートルもの断崖の真下に建てられています。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20586ag2130148730/?screenId=OUW1701

出典cys.jp

ブランドの廃番品やサンプル商品などを、お手頃価格で購入できるアウトレット店等がいっぱい。イーストには24の店があり、うちアウトレットは16店。ニューウエストにはイタリアブランドのセレクトショップも豊富で68店、うちアウトレット56店。ニューウエスト奥のウエストには生活雑貨やお土産店が29店舗も。
軽井沢の定番、広大なショッピングモール
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000152680/?screenId=OUW1701

世界で唯一の専用の温泉でおサルが入浴を楽しむユーモラスな光景を観察できます
http://www.jalan.net/kankou/spt_20561cc3310164979/?screenId=OUW1701

奈良時代の僧行基が開湯したと伝えられ、武田信玄の隠れ湯として歴史もあり古くから湯治場として栄えてきました。レトロな雰囲気と活気ある温泉場として人気があります。外湯は9つあり効能あらたか。手ぬぐいに朱印を押しながらの外湯巡り(宿泊者のみ)が魅力です。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20561cd2110164954/?screenId=OUW1701

上田城は真田昌幸により天正11年(1583)に築かれました。上田盆地のほぼ中央の地に位置する平城で、千曲川(その分流尼ヶ淵)に望む段丘の崖を利用して築城されており、真田昌幸は二回にわたって徳川軍の攻撃を撃退しています。このような二度もの実戦の歴史をもつ近世城郭は全国的にも例はなく、数少ない兵力で大軍を退けた名城として、早くに国の史跡に指定されました。http://www.jalan.net/kankou/spt_20203af2120158481/?screenId=OUW1701

北アルプスからの湧き水を利用した安曇野わさび田湧水群の一角にある、日本最大規模のわさび園であり、年間約120万人が訪れる安曇野随一の観光スポットである。雑草の生い茂る原野を20年の歳月をかけ完成させた。「大王」は敷地内にある大王神社に由来し、この神社は民話に登場する八面大王の胴体が埋葬されているとされる。わさび田に引かれる湧水は一日12万トンで、水温は年間通して12℃。収穫は年間通して行われる。ここは黒澤明監督の映画『夢』のロケ地としても知られる。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20462cb3510164018/?screenId=OUW1701

良質の湯と自然環境の良さに支えられ年間80万人をこえる観光客が訪れる一大温泉地です。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20407cd2110162711/?screenId=OUW1701

30以上の自然湧出の源泉があり、源泉掛け流しの13箇所の外湯めぐりを楽しむことができます。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20563cd2110165095/?screenId=OUW1701

江戸と京を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通ることから木曽街道とも呼ばれていました。
中山道69次のうち江戸から数えて42番目となる妻籠宿は、中山道と伊那街道が交叉する交通の要衝として古くから賑わいをみせていました。
http://www.tumago.jp/learn/index.html

「奈良井千軒」とも呼ばれ、かつて中山道における木曽路一番の賑わいをみせた宿場町。木曽路最北端の贄川宿にも近い。広い土間や千本格子の美しい町並みは延長約1kmにもおよぶ。そば屋、茶房、酒屋、土産屋、民宿などと住居が混在。そこで生活する人の息吹も感じられる中に、徹底した町作りがされている。
時代を超えた街道の賑わいに続く千本格子
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000152427/?screenId=OUW1701

高さ3m、幅70mの白糸を無数に垂らしたような滝と周囲の紅葉が素晴らしい
http://www.jalan.net/kankou/spt_20321ac2102011590/?screenId=OUW1701

光苔、杉並木の参道から三重塔を過ぎて森の中へ続く小道があります。巨木が生い茂り、心やすらぎます。
http://www.jalan.net/kankou/spt_20210cb3410159856/?screenId=OUW1701

長野県大桑村の阿寺渓谷(あてらけいこく)は、犬帰りの淵や熊ヶ淵などの名前が付けられた美しい景観が続く隠れパワースポット。
なんといってもこの渓谷1番の特徴は、流れる川の水の透明度。
透明度の高さ+エメラルドグリーン色に輝く水はとっても神秘的...!
https://retrip.jp/articles/1422/

1





主に建築関連、観光地をまとめています。
近日大幅アップデート予定。
Twitter
https://twitter.com/architect_MTM