1. まとめトップ

★公開順におさらい★名探偵コナン【歴代映画作品一覧】

現在、最新映画「から紅の恋歌(ラブレター)が大ヒット上映中の名探偵コナン。今までの名探偵コナンの映画一覧をまとめてみました。

更新日: 2017年05月27日

3 お気に入り 25595 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

きえちnさん

第1弾 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 (1997年公開)

●新一と蘭のラブロマンス
●連続爆発殺人事件

新一「死ぬときは一緒だぜ」
蘭「赤い糸は新一と繋がってるかもしれないでしょ」

蘭を助けに、爆発したビルへ蘭を助けにいく新一。
扉一枚隔てて、蘭と新一が会話をするシーンがお気に入り。

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(めいたんていコナン とけいじかけのまてんろう)は、1997年4月19日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第1作目である。上映時間は95分。興行収入は11億円[要出典]、配給収入は6億1000万円[1]。
キャッチコピーは「真実はいつもひとつ!」。

多分トータルで10回近くは見てるけど、時計じかけの摩天楼名作過ぎて。キレーに伏線というか前振りが決まってるし、程よい恋愛要素!ベタなのに最後が好きなのよね...当時より年々好きになってる気がする

好きな色を切れよ。 どうせ時間が来たらお陀仏だ・・・。 心配すんな。 おめえが切り終わるまで、ずーっとそばにいてやるからよ。・・・・死ぬときは一緒だぜ・・・・by 江戸川コナン(声は工藤新一) 劇場版 時計じかけの摩天楼より pic.twitter.com/ZsCKKVepag

赤い糸は・・・新一と繋がっているかもしれないでしょ? (毛利蘭 映画『時計じかけの摩天楼』)

第2弾 名探偵コナン 14番目の標的 (1998年公開)

●小五郎の関係者が次々と狙われる
●必見:おっちゃんの過去エピソード
●コナン、ヘリコプターを操縦して着陸させる
●水中で蘭を助けに行くコナン、蘭と水中でキス

白鳥「そうか、だからあの時毛利さんは撃ったんだ。犯人を逮捕するためじゃなく、人質を助ける ために」
蘭「スペードのエース。新一のカード。私ずっと握りしめてたんだ」
新一「おじさんがおばさんを撃ったのが事実でもそれが、イコール真実とは限らねえんじゃないか?」

声で先に犯人が分かってしまいましたが、それでも楽しめる作品です笑

『名探偵コナン 14番目の標的』(めいたんていコナン 14ばんめのターゲット)は、1998年4月18日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第2作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は99分。興行収入は18億5000万円、配給収入は10億5000万円[1]。
キャッチコピーは「次に狙われるのはだれだ!?」。

今までの映画でどれが一番って聞かれたら14番目の標的が切なくて好きかもしれない。 どれも好きだけど。 昔の映画は深部を突いてくる感じが凄かった気がする。 #名探偵コナン

第3弾 名探偵コナン 世紀末の魔術師 (1999年公開)

●怪盗キッドと秘宝メモリーズエッグ
●船上での殺人事件
●古城での宝探し
●哀ちゃん映画デビュー
●平次&コナンVSキッドのおいかけっこ

キッド「君に一つ助言させてもらうぜ。この世には謎のままにしておいたほうがいいこともあるってな」
新一「限界だな」

限界だな、のコナンの表情に注目です。切なすぎる・・・

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』(めいたんていコナン せいきまつのまじゅつし)は、1999年4月17日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第3作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は100分。興行収入は26億円、配給収入は14億5000万円[1]、観客動員数は216万人。
キャッチコピーは「世紀末最大の謎を解くのは誰だ!?」。

どっかでみたけど世紀末の魔術師はコナンファンからはそんなに評価受けてないけどコナンファン以外に見せたらどハマるってのをみて納得ぅ!!!!!!

やっぱり世紀末の魔術師すき!歩美ちゃんのドキドキのやつはなんだったっけ?時計じかけの~かと思ったら違った。あのクルマでビルから飛ぶやつ。

第4弾 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 (2000年公開)

●現職警察官を標的とした連続殺人事件
●蘭が記憶喪失
●命を狙われる蘭と守るコナン
●遊園地トロピカルランドでのアクションシーン
●新一の告白シーン

コナン「好きだからだよ。お前のことが好きだからだよ。この地球上の誰よりも」
コナン「Need not to know。僕はただの小学生だよ」
哀「ただの小学生の灰原哀になれたらどんなにいいか。そしてあなたと、ずっと、このまま」

みどころいっぱい盛りだくさん。蘭を守るコナンがなによりかっこいいです。

『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』(めいたんていコナン ひとみのなかのあんさつしゃ)は、2000年4月22日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第4作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は100分。興行収入は25億円[1]、配給収入は14億1000万円[要出典]。
キャッチコピーは「蘭の瞳に隠された狙撃犯(スナイパー)を探せ!」「Need not to know....」。

瞳の中の暗殺者は雰囲気補正とか覗くと最強だと思います。ベイカー街の亡霊、天国へのカウントダウンもなかなか良かったです。これらの作品は人気ランキングでも上位ですしね。 — そのあたり良いですよねえ。 l.ask.fm/igoto/45DKECN7…

個人的に劇場版コナンの中で1番好きなの瞳の中の暗殺者です。 — いいですよね。ただ僕は記憶なくなってる人見るのがわりとつらいのであんまり何度も見たいとは思えないですね。 l.ask.fm/igoto/45DKECN7…

コナン映画の瞳の中の暗殺者でコナンが蘭に「好きだからだよ」って言いながら手引いて飛び込むシーンめっちゃ好き。 その後の「この世界中の誰よりも」もいいね〜☺️ 新一かっこいいわ。笑

第5弾 名探偵コナン 天国へのカウントダウン (2001年公開)

●高層ツインタワーを舞台に起こる連続殺人事件と黒の組織が絡むビル爆破事件
●少年探偵団内恋愛模様
●蘭とコナン、ビルからダイブ
●コナン、ビルからビルへスケボーで飛びうつる
●少年探偵団、爆発に合わせてビルから車で飛んで脱出

哀「私には席がないのよ」
蘭「生きて新一を待ってなくちゃいけないから」
コナン「蘭姉ちゃん、今からそっちへ行くから」
元太「母ちゃんが言ってたんだよ。米粒一つでも残したらバチが当たるってなあ!」

アクションいっぱいで、コナンが行ったり来たりしてる感じです笑
特に最後のアクションシーンは見ごたえ抜群です。

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』(めいたんていコナン てんごくへのカウントダウン)は、2001年4月21日に公開された劇場版『名探偵コナン』シリーズの第5作目にあたる劇場版アニメである。上映時間は100分。興行収入は29億円[1]。
劇場版『名探偵コナン』5周年記念作品。キャッチコピーは「脱出不可能!危険な罠の時間を止めろ!!」。

天国へのカウントダウンがやっぱ一番好きなんだなあ ランネーチャンあたりは当然ながら元太とかまでちゃんとかっこいいのがいいよなー

天国へのカウントダウンは 「こうしたんじゃぁぁああああ」 「園子姉ちゃんパンツ丸見え!」 「離しませんよ...!!」 などの名シーンや •蘭姉ちゃん強化ガラスを蹴破る •コナンくんスケボービル渡り •からの少年探偵団爆風に乗って帰還 とロマン要素もあって神

天国へのカウントダウンおもしろくてびっくりした とりあえず歩美ちゃんとコナンのコンビ好きだわ

第6弾 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊(2002年公開)

1 2 3 4 5