1. まとめトップ

"2017WBC後遺症"不振に陥った選手達と大谷翔平の悲劇 対策に乗出す選手会

WBC日本代表選手の多くが故障に泣かされ、不振にあえいでいる。

更新日: 2017年05月13日

1 お気に入り 5902 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamatocafeさん

★WBC(ワールドベースボールクラシック)とは

日本代表は第一回大会(2006年)、打に回大会(2009年)で連続優勝している。2012年、2015年大会は共に準決勝敗退で終えている。

ワールド・ベースボール・クラシック(略称:WBC)は、メジャーリーグベースボール機構とMLB選手会により立ち上げられたワールド・ベースボール・クラシック・インクが主催する、世界野球ソフトボール連盟公認の野球の世界一決定戦

★指摘され続けるWBC大会時期の問題点

開催国アメリカ合衆国のように関心が比較的薄い国も多く、参加国間の温度差が指摘されている

大会が開催される3月はシーズン開幕前の調整途中の時期であるため、シーズン中に開催するのがいいのではないかという意見がある

日本は強化試合など大会への準備を行ったが、アメリカ代表が集合したのは大会一次ラウンドのわずか5日前であった。
長いシーズンを戦う下地を作るこの時期に、所属チームを離れられないという現実がある

選手の怪我が懸念され、メジャーリーグ各球団の全面的な協力を得ることが難しい

選手の契約上の問題もあり実際にアメリカ、ドミニカなど有力メジャーリーガーを抱える国では選手の出場辞退が相次いだ。
日本プロ野球でも出場辞退者が多数存在し、日本やチャイニーズタイペイの代表選考に影響を与えている

★2017WBC、日本代表チーム侍ジャパンの軌跡

☆投手
•増井浩俊 / 日ハム •宮西尚生/ 日ハム
•武田翔太 /ソフトバンク •千賀滉大 / ソフトバンク
•石川歩 / ロッテ •牧田和久 / 西武
•則本昂大 / 楽天 •松井裕樹 / 楽天
•平野佳寿 / オリックス •菅野智之 / 巨人
•藤浪晋太郎 / 阪神 •秋吉亮 / ヤクルト
•岡田俊哉 / 中日
☆捕手
•大野奨太 / 日ハム •炭谷銀仁朗 / 西武
•小林誠司 / 巨人
☆内野手
•中田翔 / 日ハム •菊池涼介 / 広島
•山田哲人 / ヤクルト •松田宣浩 / ソフトバンク
•坂本勇人 / 巨人 •田中広輔 / 広島
☆外野手
•内川聖一 / ソフトバンク •秋山翔吾 / 西武
•鈴木誠也 / 広島 •筒香嘉智 / DeNA
•平田良介 / 中日 •青木宣親 / アストロズ

●辞退した主な選手
・大谷翔平/日ハム ・中島卓也/日ハム ・ 今宮健太/ソフトバンク ・ 嶋基宏/楽天

●侍ジャパン日程
・強化合宿
2017.2.23~2017.2.26
・強化試合等
2017.2.25~2017.3.6(5試合)
・WBC第一ラウンド
2017.3.7~2017.3.11(3試合)
・WBC第二ラウンド
2017.3.12~2017.3.16(3試合)
・アメリカ練習試合
2017.3.19~2017.3.20(2試合)
・WBC準決勝(敗退)
2017.3.23

※NPB公式戦開幕
2017.3.31

WBCで使用するボールは、プロ野球公式球よりも表面がツルツルしていて滑りやすい。
スピンを強く求めるピッチャーにとっては、WBC公式球は厄介
野手は捕球してから送球する時に滑りやすいので手こずるでしょう。
バッティングにおいても、WBC公式球はきちんと芯で捉えなければ飛びません

★NPB開幕後の異変、WBC参加選手の不調・故障が相次いでいる

ロッテ石川歩投手は3連敗となった試合後、2軍で調整することが決まった。

今季は3戦3敗、防御率7.62。昨季の最優秀防御率投手(2.16)が、今や見る影もない。

「抑え方が分からない。球というよりも制球。(下で)1試合で良くなるのか、5試合で良くなるのか…」(石川投手)

2軍落ちしたロッテの“精密機械” 侍ジャパン石川歩の「精度」に明らかな変化 | Full-count full-count.jp/2017/04/27/pos…  春先に異なるボールを使って異なる相手と野球をすることは、石川のような繊細な技術を持つ投手には、思わぬ影響を与えることがあるのだ。

中田は腰や手首に痛みを抱えながら、WBCを戦った。開幕から打撃不振に陥り、右足内転筋の筋挫傷で登録を抹消された。

ソフトバンク武田翔太投手が4/14日、右肩の違和感のために出場選手登録を抹消された。

「WBCのころからおかしかった。このまま投げるよりも」(武田)
「1度間を置いて。チームにとっては痛いけれど、彼の野球人生を考えれば早い方がいいが、いつ戻ってくるかは分からない」(工藤監督)

ift.tt/2o2csEl #プロ野球 #ワールド・ベースボール・クラシック [読売新聞]ソフトバンクの武田が14日、右肩違和感のため出場選手登録を抹消された。 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場後、3月下旬にチームに合流した時から違和感…

筒香に快音が響かない。開幕から85打席連続ノーアーチ。14年の開幕38打席不発という自己ワースト記録を大幅に更新中だ。

凡退の内容を見るとボールと衝突気味だ。ボールを空中で一瞬、止めてしまうような筒香の“間”がない。

「完全にWBCの後遺症だと思ってます。外国人投手の動くボール、速い投球フォームに合わせたことで、打撃フォームのタメが浅くなっている。日本に戻ってきて、オープン戦は1試合に出場しただけ。元に戻す間もないまま、開幕を迎えてしまったので、4月いっぱいはてこずるだろうなと思っていました」(坪井コーチ)

1 2 3