1. まとめトップ

憧れの海外セレブBODYへ!!近道はむくみの解消!?サプリなどの対策方法まとめ♡

現代のファッションアイコンであり、誰もが憧れる存在の“海外セレブ”!!ファッションはもちろんのこと、その美貌やスタイルに憧れている人も多いのではないでしょうか!?今回はそんな海外セレブのスーパーボディに憧れる方々への手助けになれるような記事をまとめてみました♡

更新日: 2018年01月10日

8 お気に入り 7953 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「明日から…来週から…」ダイエットはいつだって辛いもの

“憧れのスタイル”、“理想の体型”、女性なら(もちろん男性でも多いでしょう)一度は考えたこともあるでしょう。

そしてそのボディを目指すために、誰もが最初にやることと言えば━──“ダイエット”!!

運動…!!食事制限…!!流行りのアサイー…!!
う、運動…し、食事制限…は、流行りの…

「や、焼肉…!!!!」

モチベ-ションは下がっていくばかりで、最終的には挫折へ向かい長続きしない…こんな経験がある方も多いのではないでしょうか…

男子は「無理にダイエットしなくても可愛いよ」とか言うけど、 お前の都合なんて知らない。 こちとら自分が痩せたくてやってんだ。 決してお前らのためじゃねえ!

ローリーさんがダイエットについてインタビューされてたのを思い出したんだけど、ダイエットはつらいから、やせたら美しい自分に生まれ変われるっていう強い意志を持ってのぞみましたみたいな事を言ってて、ああそれじゃ私無理じゃん、私痩せても美しくならないって思っちゃってどうしましょうこのお腹

目指せ!!海外セレブSTYLE♡

ダイエットのコツの一つとしては“誰かを目標にする”というのがあるそう。

自分が憧れている綺麗でスタイル抜群の人を目標に立て、いつもその人を意識し、例えば「絶対にミランダみたいになるんだ!!」と強く願います。

その人が行っているスタイルキープ術や食生活などを真似れば、さらに効果的だと言われています。

昔から言われていることで言うと、憧れている人のポスターを貼るというのに近いですね。

でもやっぱりヘビーな運動もハードな食事制限も辛いですよね…

運動には+サプリで相乗効果を狙おう♡

最近では上で挙げた海外セレブも、日本で人気のモデルさんなども愛用者の多いサプリなどの健康食品!!

話題の理由はいくつもありますが、一番はやはり“手軽さ”でしょう。

カバンの中に入れておいて“必要な時に必要な分をサっと”という感じですからね。

さらにサプリと適度な運動で効果が上がると言われていますし、モデルさんがよくジムに通っていると聞くのも納得です。

もちろんバランスの取れた食事を摂り、夜更かしはしないようにしましょう。

美を求める女性たちは、年末年始や春の飲み会などで溜め込んだむくみを夏までキープするわけにはいかないのです…!!

完全に外食するつもりなくてサプリ持ってきてないしこの時間にパンケーキを食べてしまったけど駅から家までは歩いて帰るしいつもより多めに運動する✨ ちゃんと次の日にも調整する

ゆって5、6㌔しか変わってないけどぺごコスするまでには50㌔ジャストぐらいにしたい気持ちはあるけどそもそもダイエットなんて多分無理持久力ない

昼から焼肉〜 これは、ダイエット無理じゃな 明日からしよ笑笑 pic.twitter.com/9t2pNKobKb

自分に合うダイエットを探すのも大変…

「バランスの取れた食事に適度な運動…なのに体重が変わらない…!!」

好き嫌いのように、人それぞれ体質にも個人差がありますので、あの子が痩せた方法であなたが痩せるとは限らないのです。

さらに年齢を重ねると、さまざまな機能が衰えていきますので、そういった時に足りない部分を何かで補うというのは、大事なことなのかもしれません。

チェックしておきたいのは成分配合量と価格

ダイエットの手助けとして注目されているダイエットサプリ。

ダイエットサプリメントで大事なことと言われているのは“成分配合量”と“継続しやすい価格”。

「良い成分が入っています」ではなく「その成分がどれくらい入っているか」が重要。
ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、最近ではカルコンというポリフェノールの一種とカリウムなどにも注目が集まっているようです。

そして継続しやすい価格というのも同じくらい大切なポイントです。
せっかく良いものを使っていても、それは継続して初めて感じるものですので、長く続けられる価格帯のものを選ぶといいでしょう。

ポリフェノール

カリウム(ドイツ語: Kalium [ˈkaːriʊm]、新ラテン語: kalium)は原子番号 19 の元素で、元素記号は K である。生物にとっての必須元素であり、神経伝達で重要な役割を果たす。人体では8番目もしくは9番目に多く含まれる。植物の生育にも欠かせないため、肥料3要素の一つに数えられる。

カリウムは一定の濃度を保つために、吸収されたのと同じ量が尿や汗として体外に排出される仕組みになっています。
そのため、カリウムは食べ物などから積極的に取り入れていく必要があります。
特に、利尿作用の多いアルコールやコーヒーを飲む人や、汗をかきやすい人はカリウム不足になりやすいとされています。
また、昨今の塩分の濃い食生活を送っている人にとっても、カリウムを意識して摂ることは大切とされています。

“むくみ”はダイエットの敵!?

女性は体質的にむくみやすいと言われています。

デスクワークや運動不足、ホルモンの影響などですぐにむくんでしまうケースも…

むくみが起こる原因は人それぞれですが、むくみを放っておくとダイエットの天敵であるセルライトができてしまう可能性も…!?

むくんだ状態の皮膚はぶよぶよとした状態になったり、むくみ過ぎて皮膚がパンっと張った状態になったり…

見た目も良くありませんし、むくみを慢性化させないために、まずはむくみから改善していくダイエットもあるそうです。

簡単に言えば“むくみ”とは余計なものです。
余計なものはいりませんよね。

昨日酒飲んだから足のむくみがやばい。ものすごい。

足のむくみもやばいけど、それ以上にお腹がやばい、相変らず別人のおなか、30分休憩してからお風呂だな、

“むくみ”について詳しく解説します!!

■そもそも“むくみ”とは

皮下に余計な水分を溜め込んでいる状態で、何らかの原因で水分や老廃物を循環する機能が低下し、余分な水分が上手く循環、排出されずに体内に溜まってしまうこと。
この状態が慢性化してくると、老廃物中のタンパク質が水分を抱え込んでしまい、さらにむくみの悪化が進んでいくとセルライトができやすくなり、ダイエットしにくい体なってしまいます。また循環や代謝の悪い体はダイエットしてもなかなか効果が現れないのです。

■“むくみ”の原因とは

むくみの原因は色々あると言われています。
冷え性、代謝機能の低下、睡眠不足、塩分の摂り過ぎ、長時間のデスクワーク、アルコールの過剰摂取、締め付けの強い服や靴などなど…原因はさまざまで、時には重大な病気の症状として現れる場合もあるので気を付けて下さい。

■“むくみ”の解消法

全身の血液のめぐりをよくするためには、血液を送り出すポンプ機能をアップさせる必要があり、ポンプ機能は筋肉を付けることでアップするので運動やストレッチが効果的。
しかし前述した通り、多忙な方は運動をする時間があまり取れないのが問題点です。
そうすると食事などでカバーするのですが、毎回の食事に気を遣うのはかなり骨が折れます。
食事で補えなかった分、例えば代謝機能を高めるものなど、自分に足りないなと思うモノは積極的に摂取していった方がいいでしょう。

食欲暴走してるけど26.27のために体重は増やしたくないしいいダイエットサプリと乳栽培サプリ教えてください

1 2