ダイエッターに評判!チェーン店の低糖質メニュー集めてみた

低糖質ダイエッターに評判の外食メニューを実際に試してきました。ダイエット中でも美味いもの食べたいんじゃあ!って人に知っておいて欲しい。

更新日: 2017年05月12日

228 お気に入り 80441 view
お気に入り追加

リンガーハットに「麺なし」があるのを知ってました…?

スープは旨味が凝縮されてておいしいんだけど、さすがにボリュームがすごいので、

一緒に出てくるドレッシング(しょうが、ゆず胡椒)を使って味を変えて楽しむのがオススメ。

※手前のゆず胡椒は餃子のトッピング

ふぅ。

超満足!

スープを残せば多少カロリーも抑えられるかも。
最近野菜食べてないなって人にもおすすめ。

野菜で勝負の「モスバーガー」?

バンズをレタスにした菜摘シリーズ。
ただでさえ糖質カットされてるのに…

大豆でできたパテ。野菜で野菜を挟むっていう、ある意味で達観したバーガーです。

レタスはシャキシャキだし、ソース(ドレッシング?)の酸味がいい感じ。

ただ、腹持ちはそこまでしないかも。

ちなみに、通常パンのソイパテバージョンもあります。

パンがちがう「フレッシュネスバーガー」

普通はローカーボにするとパサパサしてたり、風味も物足りないパンも多いのだけけれど、低糖質と言われなかったら気づかない

見た目はフツーのそれと遜色ナシ。

バンズがかわるだけで罪悪感が薄まる不思議。

次はクラシックベーコンチーズバーガーにすることを誓いました。

低糖質バンズの糖質は1個当たり14.8gだそうです。

糖質制限ダイエッターの定番「すき家」

牛丼界に現れた救世主がコチラ。

お肉と野菜をまさぐると、豆腐が鎮座されています。

豆腐と甘辛ダレが合う(๑´ڡ`๑)!
ご飯よりこっちが好きかもって人もいるみたいです。

牛肉+野菜+豆腐の最強コンボ。ビールのアテにもいいかも。

この4月からの新メニュー「ロカボ牛ビビン麺」

こんにゃくでできた低糖質麺。
ダイエッターたちにも評判のよう。

白い平打ち麺で強い弾力があり、いい意味でよく咀嚼する必要があるため、意外に食べごたえがある

肉も野菜も楽しめるので食べごたえアリます。

ちなみに、肉うどんに見立てたロカボ牛麺というメニューも。

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。