出典 masaru.ozekiさんがアップロード

関東では江戸間が主流で、建物を作る際に作業の効率化を図るために柱のサイズが規格化されました。そんな訳で部屋の柱の内側に畳を敷くようになったので、柱の分 畳のサイズ(850mm×1760mm(5尺8寸×2尺9寸)一回り小さくなったといわれています。

この情報が含まれているまとめはこちら

こんなに違うんだ! 「関東」と「関西」の違いまとめ

びっくりしてしまいそうな関東と関西の違いを集めてみました。距離にして みると意外と遠くもないのに、文化や言葉、そして人柄まで!違う事ばかりでおろどいて しまいました。【随時更新】

このまとめを見る