1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度行ったら虜になる!!世界を代表する古代遺跡【7選】

世界には様々な魅力的な観光地がありますが、その中でも旅人を惹きつける魅力がある古代遺跡を紹介します!アンコール遺跡群/アクロポリス/ピラミッド/バガン遺跡/マチュピチュ/ペトラ遺跡/テオティワカン◆海外旅行/フォトジェニック/SNS映え/インスタ映え/世界遺産

更新日: 2017年08月20日

184 お気に入り 59662 view
お気に入り追加

クメール王朝の遺跡都市

カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置する現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡

サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされる。

幅190mの堀をめぐらせ、広さは東西1.5km、南北1.3km、奈良の平城宮跡の規模に匹敵します。

2日連続でサンライズを見に行きましたがその日によって全く違う印象を受けました。本当に素敵です。早起きして行く価値があります!

すごいの一言。アンコールワットの上にも登れます。30分以上並びましたが、絶対に並んで見るべき景色が広がります。

岩山に囲まれた古代都市

2000年以上前にこの地に定住したアラブ人の一族ナバテア人が、切り立つ岩壁を削り作った大都市がペトラ遺跡

ペトラとは、ギリシャ語で『崖』を意味しています。

建造物や彫刻群に古代東方文化とヘレニズム文化との融合が見られる、世界でも最も有名な考古学遺跡の一つ

映画、インディ・ジョーンズの舞台にもなりました。

ぺトラ遺跡の中心部へと導く峡谷(シーク)は、幅2m、長さ1.5kmあります。両側の絶壁は90~180mの高さで、地質断層が見られます。

次々に現れる遺跡の数々に、溜め息が出るばかり。眺めては写真を撮り、また眺めても永遠にみていられます。

世界最大の謎に包まれた巨大建造物

ギザにあるクフ王のピラミッドは、エジプトのピラミッドで最も大きなものであり、世界の七不思議の一つ

最大の高さを誇るクフ王は高さ138.74m、底辺230.37mで、平均2.5tの石灰岩を約270万-280万個積み上げたと計算される。

大き過ぎて遠近感がなくなります。 近くまで行くと、とてつもなく大きい! 古代エジプト人の凄さを実感。 一生のうちに1度は見る価値あります。

ミャンマー仏教の聖地

今からおよそ1000年前に栄えたミャンマー初の統一王朝・バガン。その都のあった場所には、見渡す限りの平原に3000もの仏塔や寺院が林立している。

1 2 3





日本や世界の行ってみたくなるような絶景やホテル・旅館を中心にまとめていきます。

このまとめに参加する