1. まとめトップ

楽天が独走中?! どこまで突っ走るのか?!

楽天が絶好調です。現在の順位を誰が予想しただろうか。

更新日: 2017年04月26日

1 お気に入り 2479 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

n.misterさん

パ・リーグに巻き起こる“下剋上”を生んだ3つの理由 4月24日

まさに“下剋上”である―ペナントレース開幕から1カ月が過ぎようとしている段階で、現在の順位を誰が予想しただろうか。楽天、西武、オリックスがAクラス、ソフトバンク、ロッテ、日本ハムがBクラス。昨季の順位(日本ハム、ソフトバンク、ロッテ、西武、楽天、オリックス)をそのまま裏返したようなパ・リーグの逆転現象の要因を探りたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00000059-sasahi-base

戸村にお任せ 岸の代役きっちり 4月24日

東北楽天先発予定の岸が試合直前に登板回避する非常事態を、代役の戸村が打開した。六回途中無失点と好投し、自身の今季初勝利をマーク。岸とチームのピンチを救い、お立ち台に上がったヒーローは「こういう不測の事態に対応するために1軍に呼ばれている。チャンスをものにできて良かった」と晴れやかに語った。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170424_14003.html

超攻撃的1、2番が機能する楽天 茂木はプロ野球記録シーズン151得点ペース 4月24日

好調の楽天。そのチームをバットで引っ張るのが、不動のリードオフマンとなっている茂木栄五郎内野手だ。「チャンスメークが出来たのはすごく良かった」というこの日の試合でも4回に右中間を破る二塁打を放って出塁すると、続くペゲーロの二塁打で先制点の本塁を踏んだ。前日も第1打席に二塁打を放って、初回にいきなり3点を奪う先制劇の足がかりとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010007-fullcount-base

楽天・美馬 開幕3連勝 志願の133球完投、ソフトB戦4年ぶり白星 4月23日

チームは直近2試合は延長12回の激闘だっただけに「最後はしんどかったですけど、救援陣を休ませることができて良かった」と語った。ソフトバンク戦は4年ぶりの白星。開幕投手の開幕からの3連勝は、11年の岩隈(現マリナーズ)、昨年の則本に並ぶ球団最多記録となったが「いつも最初だけなので。去年も(自身の開幕から)4連勝だった」とおどけた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000068-spnannex-base

松井稼、プロ通算200号 楽天単独首位キープ!5発15安打11点爆勝 4月23日

2試合連続延長十二回サヨナラ負けのショックもどこ吹く風だ。楽天が5発、先発全員の15安打、11得点と爆勝した。チームの勢いに乗ったのがプロ17年目、41歳の松井稼頭央外野手だ。
若手、中堅、ベテランが刺激し合う楽天の勢いは止まらない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000019-dal-base

ドラ9高梨、開幕からの新人連続試合無失点記録に意欲 4月21日

楽天のドラフト9位・高梨雄平投手(24)=JX―ENEOS=が20日、開幕から11試合連続無失点のプロ記録樹立に意欲を見せた。ドラフト制後(66年以降入団)、新人の開幕から連続試合無失点の記録は10試合。ここまで6試合連続無失点の左腕は「まだ狙えるので、頑張って抑えていきたい」と決意を新たにした。
高梨が好投を続ければ、首位を突き進む楽天のさらなる武器となりそうだ。(

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000196-sph-base

楽天首位は“春の珍事”か実力か 池山コーチ「好調打線どこまで続くかが1つの鍵」 4月20日

パ・リーグ首位の楽天は18日の西武戦(大宮公園)に2-0で勝ち、今季2度目の4連勝。11勝2敗と開幕ダッシュに大成功し、早くも3、4月の勝ち越しが決まった。
今季初の完封リレーに梨田監督は「嶋もいい配球をして、すごく“シマ”った試合をしてくれた」と、とっておきのダジャレを披露。指揮官のダジャレと同様に、チームの勢いも止まらない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000017-ykf-spo

楽天 首位快走の原動力は「デコボコ打線」 4月19日

1番の茂木は身長171センチでペゲーロは192センチ。その後を打つウィーラーは178センチで193センチのアマダーを挟んで174センチの銀次と続く。20センチ近く身長差のある打者が交互に打席に入ることで、相手投手の感覚を狂わす効果があるという。
左右の打者を交互に並べるジグザグ打線ならぬ“デコボコ打線”。新たな価値観を生み出した楽天は勢いづいている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000036-tospoweb-base

1