1. まとめトップ

これは納得「歴代最低支持率を記録した民進党」構成メンバーの本当の正体

民進党結党以来最低の支持率を記録した。民主党政権時代の大失態の数々の記憶も新しいが、原因はそれだけでないだろう。「誰がタメの政治なのか?」この政党に日本の政治を任せるのは危険である。まぁ、政権取るよりは解党の方が早ーそうだが。

更新日: 2017年06月11日

yamatocafeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 52059 view
お気に入り追加

▼関連まとめ

★結党以来最低支持率を記録した民進党

支持層の高齢化が進んでいるのが民進党だ。今年12月の調査で、民進党支持層の60歳以上の占める割合は、62・0%に達した。共産党の60・5%も上回っている。旧民主党政権時代は50%前後で自民党と大差なかったが、徐々に増加。

政党支持率は、民進党が6・6%(同1・8ポイント減)で、昨年3月の結党後、最低となった。

産経では「発足以来最低」という数字が民進党の凋落を象徴しているとして話題になっているようです

★内部からの崩壊は終わりの始まり

野田幹事長に離党届を提出後に臨んだ記者会見で長島議員は、開口一番「本日、一人の政治家として独立を宣言します」

民進党を離れる最大の理由として長島氏は「保守政治家として譲れない一線を示す」この一点であるとした。
具体的には、「共産党との選挙共闘という党方針」を挙げ、自分にとって「受け入れがたいもの」であると述べた。

東京都議会の民進党の公認候補36人のうち、離党届を提出したのは13人にのぼる

民進党の細野豪志代表代行(衆院静岡5区)は13日、野田佳彦幹事長と国会内で会い、代表代行の辞表を提出した。憲法改正をめぐる執行部対応への不満が理由と説明した

細野氏は辞表提出後、執行部の対応について記者団に「『提案型政党』と言いながら憲法については消極的だ」と不満を表明

◆◆◆民進党の役者達◆◆◆

★辻元清美/元副代表/大阪

・・・・・天皇家侮辱

「生理的に嫌だと思わない?ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族が近くで空気を吸いたくない」
(1987浅田彰との対談)

「人生訓とか、道徳を押し付けたがるし。 でも、そういうのって、天皇とあの一族の気持ち悪さに直結してるよね。天皇制ってなくなるかな」 (1987浅田彰との対談)

一応、反省は述べたかに見えるが嘘も含まれていた

何も30年もさかのぼらずとも、辻元氏は衆院議員となった後の平成10年出版の著書でもこう書いている。
「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」。

12年出版の著書にも「憲法第一章の天皇に関する規定、第一条から八条までを削除したらいい」「正確には『天皇制廃止』ではない。憲法から天皇に関する規定をはずす」とある。
憲法に規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか。

・・・・・森友学園問題に潜んだ辻元清美の陰と嘘と

1 2 3 4 5 ... 12 13





yamatocafeさん

野球中心にスポーツと旅行、温泉、グルメが好きです。

このまとめに参加する