1. まとめトップ

【動物触れ合い】カワウソカフェブームによって、カワウソ達が密輸され殺されていることをご存知ですか?

「ペットとしてお迎えしたい!」「カワウソカフェに行きたい!」なにかと話題になっているカワウソですが、このカワウソブーム…カワウソは絶滅危惧種なんです。密輸・密漁によってカワウソ達がたくさん殺されている現状。カワウソがどんな動物なのかそして今、何が起こっているのか知るべきだと思います。

更新日: 2019年03月12日

2 お気に入り 47699 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カワウソブームが続くとカワウソが絶滅してしまう!

絶滅の危機に瀕しているカワウソですが、「ペットとして飼っている人がいるから」、「カワウソカフェがあるぐらいだから大丈夫」と、思っている方が多いと思います。そのカワウソ達、日本ではほぼ繁殖されていません。
では、日本にいるカワウソどこから来ているのでしょうか?
また、問題はないのでしょうか?

【追記】カワウソの繁殖場は確認できていない?

某カワウソカフェでは、繁殖場を設立する際に融資をしている為、国内で唯一カワウソの正規輸入が可能だというお話を伺いましたが、その存在は確認出来ていません。となると、日本で売られているカワウソは、ほぼ密輸ということになります。

タイとインドネシアで、押収やオンライン取引が最も頻繁に発生しており、両国において、ペット取引が野生のカワウソを脅かす深刻な問題となっていることもわかりました。
この両国には、カワウソを人工的に繁殖させることのできる繁殖施設が、確かに存在しているか確認できておらず、取引の多くは野生の個体を密猟して行なわれているものと考えられます。

WWFが存在を確認出来ていないということは繁殖施設は存在しないのでしょう!
そもそも某カワウソカフェが、絶滅から救う為に繁殖施設を設立したなら、カワウソを販売することは矛盾していますね。

コツメカワウソとは

分布域 インドから中国南部、東南アジアなど
生息環境 主に河川や湖の付近
体 長 40~65cm 程度
尾 長 25~35cm 程度
体 重 3~6kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 絶滅危惧種 (VU)

コツメカワウソは、ペットとして品種改良が出来ませんでした

「比較的人懐っこい」と言われているコツメカワウソ、ペットとしての需要が高まっていますが、カワウソは人工的に繁殖させることが非常に困難で、なかなか数を増やせないのが現状です。
当然、ペットとして品種改良はされておらず、完全な野生動物です。
二ホンカワウソが絶滅してしまったのは、人工的に繁殖が出来なかったことも原因の1つといわれています。

二ホンカワウソは絶滅!人気のコツメカワウソも絶滅危惧種に!?

絶滅した二ホンカワウソのはく製

コツメカワウソはペットとして飼えるの?

現在では、国際自然保護連合(IUCN)の保存状況評価によって、絶滅危惧種(VU)としてレッドリストに指定される状況になっている。

国内で生まれたとされる個体に関しては、規制がなく、ペットとして飼うことは法律上可能ではあります。(ごく稀にペットショップ等に入ることがあります)
海外からの輸入は審査があり、個体数の減少により現在では輸入の許可を出している国はありません。
価格は60万~120万ほど

この動画は、ケープ・ツメナシ・カワウソ(African clawless otter)を飼っているお宅の日常の光景なんだそうだ。実際にカワウソを飼っているお宅の人が撮影して投稿したものなんだけど、「カワウソ飼いたい?お勧めしません。フェレットで手を打つのがいいかと思います。」とコメントしてるんだ。

ペットショップ等で販売されているフェレットは愛玩動物として品種改良された動物です。
人に懐きやすいため、ペットとしても人気が高いです。

カワウソカフェやカワウソのペットがなぜ流行っているの?

動物系の番組は視聴率は稼げます。実はある動物プロダクションが関わっているケースが多いんです。当然、動物プロダクションは、珍しい動物を出演させれば利益を独占出来ます。そこに一部の悪質な動物カフェが便乗しているという仕組みがブームのカラクリになります。視聴者は何も知らず、『可愛い』『飼ってみたい』『触れ合ってみたい』とう流れからブームになっています。彼らからすれば、別にカワウソである必要はないんです。珍しく高額で取引出来る動物であれば何でもよいのです。

コツメカワウソはワシントン条約によって輸入が規制されています。

ワシントン条約は、野生動植物が国際取引によって過度に利用されるのを防ぐため、 国際協力によって種を保護するための条約です。1973年に米国のワシントンにおいて採択され、 1975年に効力を生ずることとなりました。この条約では、対象とする野生動植物を 附属書Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのいずれかに掲載し、各附属書ごとの規制をおこなっています。

ワシントン条約では、生息地の減少などにより移動が制限されている希少種ということで、「絶滅危惧II類(VU)」に指定されています。
※日本での異常なカワウソブームによる乱獲により、個体数が急激に減少しています。

高齢化したカワウソは、とても家庭で飼える状態ではない!

臭いは...獣医も周りにいる担当も「ぐぇーー」とのたうっているとだけ申しておきましょう。
この前、調餌室の廊下がとても臭くて、みんなで臭いの原因を探したところ、置いてあった餌のふくろの奥に張り付いていた魚が腐っていたということがあったのですけど、その時の臭いがカワウソの分泌液とよく似てました...。

カワウソは高齢になると肛門嚢の排泄機能が衰えることにより、肛門嚢に分泌物が溜まりやすくなります。この匂い自体、魚が腐ったような強烈な臭いです。
これは、動物病院で分泌物の除去を行う必要がありますが、そもそもカワウソ診てくれる(診たことがある)病院はほんのわずか。
また、この臭いについては、フェレット等の様に手術で取ることはできず、定期的に病院で排出させる必要があります。
はっきりいって、これを知っている人はカワウソを家庭で飼おう、カワウソカフェを作ろう!とは思いません。(常駐の獣医さんがいない限り、部屋が魚が腐った匂いで充満します)

コツメカワウソを、ペットとして飼おうとは絶対に思わないで下さい!

二ホンカワウソは我々日本人が絶滅させてしまいました。
現在はカワウソブーム!になりつつあります。生息地の減少や、乱獲(毛皮・ペット)により密輸が急激に増えています。
人間がそっとしててあげることが、カワウソを救うことにも繋がります。

カワウソはその毛皮目的にかつて乱獲が行われました。現在では毛皮目的と並行してペット目的の密猟が行われています、子供を捕るため両親は殺され、密輸の際に多くのカワウソが死亡します、恥ずべきことに日本も密輸先のひとつです。… twitter.com/i/web/status/8…

国内で繁殖されたとされるカワウソは動物園が動物商経由で横流ししている個体か、密輸されたカワウソ達かその子孫です。動物園で生まれたカワウソの子供は研究の為に、大人になるまで流通はされません。ペットショップや動物カフェで子供のカワウソを見かけたら、ほぼ密輸されたカワウソ達です。密輸の際に両親は殺されて毛皮などに利用され、子供はペット用としてスーツケースに詰め込まれて運ばれます。その際、子供カワウソは扱いの酷さ故、移動の際に7割は死亡しています。

カワウソブームによって密輸される事件が多発しています!

カワウソ10匹を密輸しようとした疑いで、日本人の男が逮捕されました。
 タイ・バンコク郊外の空港で11日、42歳の日本人の男がカワウソ10匹をスーツケースに隠し、許可なく国外に持ち出そうとした疑いで逮捕されました。男は警察の取り調べに対し、「カワウソが可愛いと思った。ペットとして自分で飼うためだった」と話し、販売する目的はなかったとしています。ただ、警察は、カワウソを10匹も持ち出そうとしていたことから、男が「運び屋」として密輸に関わっていた可能性があるとみて調べを進めています。

2017年6月11日のニュース

タイ警察当局は28日、生きたカワウソやフクロウをスーツケースに入れて日本に持ち帰ろうとしたとして、野生動物保護法違反の疑いで福島県白河市在住の日本人の男(57)を逮捕したと明らかにした。機内預けにしたスーツケースを空港職員がエックス線検査したところ、生きたカワウソ12匹、フクロウ5羽、タカ3羽が見つかったという。

2017年2月28日のニュース

1 2 3