1. まとめトップ

【葱】ネギのアレルギーってあるの?【玉ねぎも】

ネギのアレルギーってあるのでしょうか? 葱は体にいいとよくいわれますが・・・。ラーメンを食べると下痢をする人も関係あるのかも? らっきょう、ニンニク、ニラ、玉ねぎも仲間ですよね。

更新日: 2017年05月26日

1 お気に入り 53106 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hogehogemanさん

ネギアレルギー

ネギの好き嫌いは人それぞれでしょうが、食べ物の好き嫌いではすまされない問題があります。それが「アレルギー」です。

アレルギー食品としてのカゲは薄いですが、実はネギが原因でアレルギーを引き起こすこともあるのです。

硫化アリルはらっきょうや、ニンニク、ニラなどにも含まれていて、便秘解消には効果があるとされていますが
多量に摂取すると下痢や便がゆるくなる原因になるようです。

でも朗報! 火を通せば大丈夫かもしれない☆

硫化アリルはニンニクなどにも含まれますが、玉ねぎに含まれる硫化アリルは硫化プロピル というもので、それがアレルギーの原因に。こちらは火を通せば消滅するので、玉ねぎアレルギーの人はよく火を通して調理すれば食べられます(なかには火を 通しても症状が出るひとがいます)。

ネギ以外の一般的なアレルギーはどんなものがあるか

アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である。
アレルギーが起こる原因は解明されていないが、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因ではないかと考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。花粉、米、小麦、酵母、ゼラチンなど、実に様々なものがアレルゲンとなる。最近では先進国で患者が急増しており、日本における診療科目・標榜科のひとつとしてアレルギーを専門とするアレルギー科がある。

参考リンク

1