1. まとめトップ

あのウィザードリィが無料で手軽に遊べる!フリーゲーム「Javardry」紹介!

名作3DダンジョンRPG「Wizardry」をJavaで再現したPC用フリーソフトを紹介!オリジナルシナリオも作成できるので、楽しみ方は無限大!

更新日: 2017年05月24日

km0909さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1206 view
お気に入り追加

3DダンジョンRPGは、1981年のアメリカ製「Wizardry」から始まった。日本語版が、85年にPC、87年にファミコンに移植され、その後3DダンジョンRPGというジャンルが確立されていった。

人気からシリーズ化もされ、様々な外伝的作品やオンラインゲームまでもが生まれた。そんな著名作の初期に近い作品を、プログラムを用いて、無料で手軽に遊べるように再現した画期的ソフトがあった。

本作の概要

タイトルは「Javardry」。制作ツールは、Java。原作の雰囲気やシステムをそのままに、遊びやすく再現されている。原作経験者向け。本ソフトの著作者は、THU(猫魂)氏。
公式サイト「酔生夢死」http://thu.sakura.ne.jp/(タイトル下の【押すが吉】が入り口)

また、本ソフトの特徴として、サイトからJavardryEditorをダウンロードすると、オリジナルシナリオを作成できる。これによって、様々なJavardryシナリオ作品を遊ぶことが可能。

ゲーム画面紹介(付属シナリオ「剣匠王の試練場」)

原作を思い起こさせそうなタイトルのデザイン。本ソフトの基本シナリオとして、著作者作成の「剣匠王の試練場」をプレイすることができる。タイトルは、原作の「狂王の試練場」をもじっている。

ゲームについての詳しい説明は、オンラインマニュアルなどを参照してください。
http://thu.sakura.ne.jp/games/JavardryManual/manual.htm

ゲームをスタートして最初にくる、本作の拠点となる場所。酒場以外の施設は、仲間を編成しないと入れないので、まずは酒場で仲間を募ろう。

最初にここで仲間を編成する。オリジナルキャラで冒険したい場合は、訓練所で作成すると酒場に登録される。

お金を払って回復する。値段によって回復量が変わるが、MPはどれでも全回復する。泊まるごとに日数が経過する。また、レベルアップもここで行う。

武器・防具・アイテムの売買を行っている。商店では初歩的アイテムしか置いておらず、それ以上の武器類はダンジョンで探すことになる。ダンジョン内のアイテムを売ると、品書きの欄に追加される。

寄付することで、麻痺や石化、死亡など状態異常を回復してくれる。誰かが状態異常にかかっていないと入れない。特に灰になった場合は、蘇生呪文よりも寺院のほうが安全。

普段は立て札が掲げてあるだけだが、ストーリーの進行によって入れることがある。

迷宮への入り口や、訓練場がある。ゲームを中断した場合は、冒険の再開から始められる。セーブ枠は一つしかなく、施設の出入りや戦闘が終わるごとに自動で上書きセーブされる。セーブを分けたい場合は、ファイルを別の場所へ移動させておこう。

オリジナルキャラの作成、名前の変更、転職などを行える。転職には、属性やステータスに一定の条件が必要。条件は、基本的に原作に準じている。

3Dダンジョン。デフォルトではモノクロのワイヤフレームだが、オプションの設定でグラフィックをつけることもできる。図は、グラフィック型。

フロントビュー戦闘。敵は正体不明の状態で現れることもあり、戦闘することで判明する。

戦闘終了後に出現することが多い。罠がかかっていることが多いので、必ず盗賊に解除させよう。

オートマッピング対応。明瞭の呪文で表示される。最初のうちは呪文回数が少ないので、注意して進みながらマップを埋めていこう。

ダウンロード

オリジナルシナリオ紹介

Javardryに慣れてきたら、オリジナルシナリオでも遊んでみよう。それぞれマップも全く違うので、別の作品として遊べる。ここでは一部を紹介。

シナリオ一覧
https://www47.atwiki.jp/wiz-game/pages/19.html
攻略情報もあり。
http://wikiwiki.jp/javardry/

原作と異なる10種類の職業や、リザードマンやガウルといったオリジナル種族が特徴。

著作:ひで氏
http://simpledungeon.seesaa.net/
ダウンロード
http://simpledungeon.seesaa.net/article/271239176.html
最新パッチ
http://simpledungeon.seesaa.net/article/272168018.html

世界観が現代日本風になっているシナリオだが、Wizの基本システムはしっかり押さえている。GunとはGu○ma県が舞台であることから。

著作:GUNZA氏
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se492235.html

固定成長、呪い・灰・ロストなし、などリセット要素を極力減らしたストレスフリーな作品。アイテム・モンスターカタログもあり。マップが19×19マスと少し広い。作者サイトに攻略情報があり。

著作:ヨシヒト氏
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mixcandy/
ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se513506.html
レビュー
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/170408/n1704082.html

表ダンジョン・裏ダンジョンとボリュームのある作品。悪専用の職業や闇魔法などシステムも独特。美麗なモンスター画像は300種類以上あり、シナリオ制作者のオリジナル。遭遇した後は、図鑑で鑑賞できる。最新版では、ダンジョンにグラフィックがついた。唯一プレイ動画のある人気作品。

とり夫氏の画像は、以降のシナリオ作品にも採用されている。



著作:とり夫氏
http://www.pixiv.net/member.php?id=5887541
ダウンロード
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=38798299

8種の種族、15種の職とキャラ作りのバリエーションが広い。魔法も4系統に分かれる。ダンジョンは複数あり、シナリオが進むごとに増えていく。7つのオーブを集めるという旅の目的は、ある人気漫画が元ネタになっている。

シナリオ著作:BLT氏
http://ch.nicovideo.jp/blt_sand
ダウンロード
http://ch.nicovideo.jp/blt_sand/blomaga/ar1057859

5人パーティ制。戦闘難易度は低めだが、謎解き要素を多くした作品。現バージョンは試作品で、完成版とはセーブデータの互換性がないので注意。

著作:Vos氏
http://www.freem.ne.jp/win/game/13228

掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/game/59970/

ダンジョン自体は4階層と短めだが、アイテムが1000種類以上あり、ランダムエンチャントを採用。レアアイテムやレアモンスターもあり。
図鑑もあり、完成を目指したりとやり込める作品。

著作:たかとお氏
http://www.freem.ne.jp/win/game/14776

攻略情報
http://wikiwiki.jp/javardry/?%B5%B3%BB%CE%A4%CE%B2%A6%A4%C8%B8%D0%A4%CE%B2%B5%BD%F7

1 2





フリーゲームのRPGや紹介サイトなどをまとめています。ゲームは自分好みで選んでいます。お気に入りに入れていただけるとうれしいです。ツイートやブックマークボタン、まとめへのリンクも大歓迎です。