1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これはすごい!いつのまにか「鏡」が超絶進化してた

鏡といえば自らを映し出すものですが、いつの間にか人工知能が搭載され色々な機能を持つ鏡が作り出されています。

更新日: 2017年04月26日

41 お気に入り 102853 view
お気に入り追加

■誰でも鏡を見る。特に美意識が高い人はその頻度が高い

自分の顔は鏡でよく見るけど、鏡越しの方がいい男だと思う。顔ってすごい非対称なんだね。

わたし鏡はマストで!!!!! 絶対必要条件で!!!!!

髪がうまく巻けた日は何回も何回も鏡見ちゃうしえ?めっちゃかわいくなーい?って思ってる。大抵周りから見ると大して変わらない

@riokiss 何回も着てみて鏡で見る。どっちにしよう。どっちも好きなテイスト。結局ちょっと変わったモッズにした。トレンチも欲しかったなー笑

@1989_1999_ 一日に何回鏡見ますか? 私の答えは、、、 1000回でした あ〜んもうきゃっきゃっ( 嘘 )

その鏡に様々な機能を持たせる企業が出てきた

■まずは広告が出てくる鏡

顔の特徴や感情に合わせて広告を出し分ける広告配信システム「Face Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)」を博報堂と博報堂アイ・スタジオが開発しました。

人工知能(AI)技術を活用することで、広告は対象者に合わせて情報を発信できる新たなインタフェースになるという

Face APIを利用し、鏡に映った人々の表情から適切な商品の広告を映し出すソリューション

カメラで捉えた映像から性別や年齢だけでなく、顔の特徴や表情も認識するのが特徴

疲れていそうであれば栄養ドリンク、裸眼の人には眼鏡、ひげを生やしていればひげそり、といったようにその人の状態に合わせた広告を表示できる。

また、動画/静止画広告の表示のみならず、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかけたり、泣き出したり、シワがふえたりするような、鏡の特性を活かした演出が可能です

マーケティングに繋げることができます。その他、音声機能などもプラスする計画もあるようです。

広告の出し分けだけでなく「実際にサイネージの前で広告を見た消費者のリアクションの分析も技術的には可能」

将来的な音声認識や音声による読み上げを行う各Speech APIや、言語理解モデルを作成してユーザーが音声などで入力したコマンドをアプリケーションが理解する

■鏡をタッチして操作できる

フレイバ・プロジェクツは、加賀電子、プロテラスと共同でミラー上でタッチ操作が可能なオムニチャネルソリューション「MIRROR-AI(ミライ)」を発表した。

今の気分を大切にした空間と自由で心地よいリズム感をお客様と共有したい。「より良い生活」から得られる高揚感、リラックス感やエッジーさを兼ね備えたボーダレスな世界観を提案

「実店舗のミラー(姿見)を活用した、デジタルサイネージとの二面性」、「ミラーを基本とした、顧客参加型で体感可能なタッチスクリーン仕様」、「店頭からECへの簡易流入を提唱するO2O戦略」などの特徴を持つ

鏡としての機能の他、タッチスクリーンでの商品紹介や、クーポン発行などの販促ツールとして活用可能だ

SNS連動/iBeaconの導入/EC連動/広告連動、その他CMSやSMPアプリとの連携など一部機能拡張済、現在導入へ向け調整中

将来的には導入店舗への売上寄与、ならびにエンドユーザーのUX最適化の両立をベースとした数パターンの機能を追加開発、集約していく

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします