1. まとめトップ

「木綿」「絹」「充填」新しいジャンルの豆腐が増えるかも?

常温販売の国内解禁を求めており、解禁への期待が高まっている。みんな知ってた?

更新日: 2017年04月26日

1 お気に入り 5561 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Marutacoさん

豆腐の保存については現在、食品衛生法の規定に基づいて「冷蔵で保存しなくてはならない」という基準が定められている。

水分がたっぷりでほどよく温かく、栄養がある環境はカビや細菌などがもっとも繁殖しやすい条件です。今回のテーマである豆腐はこの3つの条件が揃っているので冷蔵保存が必要とされたわけです。

海外でも常温品が流通していることから、業界団体では常温販売の国内解禁を求めており、解禁への期待が高まっている。

“賞味期限半年”の豆腐がすでにある!

豆乳を殺菌し、パッケージに詰めるまでの工程を全て無菌状態にした機械の中で行っている。そのため、半年間保存しても菌が繁殖せずに長期間の保存ができるのだという。

パックに詰めたばかりのものを空けてみると、まだ液状だった。豆腐を紙パックに詰めたのではなく、紙パックの中で豆腐を作っている。入っているのは豆乳とにがりだけで、長期保存のための添加剤を一切入れていないという。

安全性は?

「安全性をクリアして販売されている物ですから、安全性ということでは心配ない」

「1つは添加物が気になると思うが、包装技術など色んな技術によって日持ちを長くすることができるので、そういった添加物に頼る必要性はない。一般の加工品と比べ添加物は少なくて済むという利点はある」

実はメリットがたくさん!

国や食品メーカーには、長期保存できる商品が広がることで食品の廃棄を減らせるという期待も

気になる値段は

トレータイプは1丁50円~100円、紙パックは1丁120円~140円と少し割高。

今後、食品安全委員会の評価などを経て、実際の販売開始は1~2年後になる見通し。

「食べてみたい」「便利」の声

ふーん 紙パックの豆腐 試してみようかな 美味しいということらしいし 常温保存もできるとな

紙パック入りの豆腐か、いいね…何か牛乳パック見たいな感じ。何処で売っているんだろう。流行りそう。

森乳の紙パックの豆腐は20年以上前から有るし美味しい

常温1年OKの紙パック豆腐すごく良いね!当然割高だけど期限気にせず常備出来るのは素晴らしい。これいずれ来るね…!

今、紙パック豆腐についてやってて、思わず反応してしまったー

1