1. まとめトップ

6回目の核実験は実施せず…北朝鮮情勢は今後どうなる?

核実験を見送った北朝鮮。今後はどうなるのでしょうか?

更新日: 2017年04月26日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5961 view
お気に入り追加

■4月25日、北朝鮮の動向に全世界が注目した

衛星からの観測により、北東部・豊渓里の核実験場は「いつでも新たな実験ができる状態」という事が判明。

北朝鮮は圧力への反発を強めており、朝鮮人民軍創建85周年となる25日に、核実験や弾道ミサイルの発射など、新たな挑発行動に出る可能性が浮上していた。

■日米中韓は警戒監視態勢を強化

原子力空母「カール・ビンソン」に加え、米海軍が派遣した原子力潜水艦「ミシガン」も韓国に到着。

朝鮮半島西岸では、米韓両軍が、北朝鮮のミサイル基地に対する空爆や砲撃を想定した合同軍事演習を実施している。

中国は中朝国境付近に10万人規模の兵力を展開し、警戒レベルを戦時体制レベルに強化したとの報道もある。

■そして迎えた25日

25日に実施したのは、38度線など最前線に配置されている長距離砲300~400門を使った過去最大規模の砲撃訓練。

砲兵部隊と海軍、空軍が参加し、演習に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長も「大満足」の意を示したという。

"Xデー"は回避された

■なぜ核実験を見送ったのか?

関係者は、原油供給中断や軍事的けん制など、米中両国の圧迫が効果を発揮したものと分析。

また、辺真一氏は「これまでも合同軍事演習が行われる3~4月は避けている。演習中の米韓両軍を恐れている」と話している。

北朝鮮としては緊張を最大限まで高める核実験は避けながらも、大規模な演習を行うことで圧力に屈していないとアピールする狙いか。

■皆さんの反応

弱い犬ほどよく吠える。 あちこち吠えまくったわりには 昨日は結局核実験やらなかった。 刈り上げ君はビビったのかな。

火力訓練で済ませて核実験を今後も行わないなら、ギリギリで生きていたいからデッドラインを越えるつもりはないですよっていう北朝鮮からアメリカへのメッセージに見えるけどな

北朝鮮、核実験しないねぇ。まぁやったら戦争になるのは確実だし、そうなったら間違いなく今北朝鮮と呼ばれてるエリアは米軍の攻撃で更地になるだろうから、流石にビビったと見える。ほとぼり冷めた頃にやりそうだけどね。

今回核実験やら長距離ミサイルの発射実験を見送ったところで、アメリカは空母引き上げるんかね。どうせまた北はほとぼり冷めたら実験再開するんだろうから、極めて近い将来にアメリカ本土が核ミサイルの射程に収まるのは間違いないんだからさ。

「核実験や弾道ミサイル発射が起きなかった」だけで、日米の訓練は続けてるし北の国境には中露軍まで張り付いてるし、アメリカの戦力もカールビンソンやロナルドレーガン等の空母が今後増えることはあっても減ることにはなってない。若干緩んだ感の今日のこの感じはおかしい。 #voice1242

1週間に1回でいいから北朝鮮の事 報じてほしいなぁ〜 拉致問題とか北の核実験とかだけじゃなくて、これからはより一層、北朝鮮がいつ何をしでかすかわからない不透明な状態になったのだから。 北朝鮮の法律に記念日以外に核実験をしないという法はないからさ。 いつあってもおかしくないから。

確かに

■核実験の可能性が完全に無くなったわけではない

専門家は「米中が同時に高強度の対北圧力を加えている状況で、北が核実験のような高強度の挑発をするのは難しいはず」と分析。

しかしそのうえで「核実験は金正恩の決断待ちで、いつでもやれる状況であることに変わりはない」

「北朝鮮が核開発を止める可能性は低く、今後実験が実施されなくても、それは『安心』というサインではない」と警告している。

「北朝鮮は、6~7週間に一つずつ核爆弾を作ることができる技術がある」との情報もある

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。