1. まとめトップ

若き天才棋士 藤井聡太四段の人柄に惹かれる

将棋界若き天才、藤井聡太四段(14)の魅力。

更新日: 2017年07月06日

15 お気に入り 210351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ややんまさん

デビューから4か月負けなしの藤井聡太四段

史上最年少の14歳2か月でプロ棋士

デビュー以来18連勝の快進撃を続ける将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(14)が、5月25日に第30期竜王ランキング戦決勝で19連勝をかけ、勝った方が、渡辺明竜王(33)への挑戦権をかけた本戦トーナメントの出場権を獲得する。

史上最年少の14歳2か月でプロ棋士

中学生でプロ棋士になったのは5人しかいなくて。 加藤一二三:14歳7ヶ月 谷川浩司:14歳8ヶ月 羽生善治:15歳2ヶ月 渡辺明:15歳11ヶ月 藤井聡太:14歳2ヶ月 ひふみんこと加藤九段が60年以上最年少記録を保持してたけど、去年、藤井四段が最年少記録を更新したんだよね。

羽生善治を上回る可能性を秘めた神童か?

去年、史上最年少で将棋のプロ棋士となり、デビュー戦からの連勝記録を更新している愛知県の中学3年生、藤井聡太四段が、23日夜、インターネットテレビで配信された対局で、非公式戦ながら、トップ棋士の羽生善治三冠を破りました。

えーと、将棋をあまりご存じで無い方に説明しますと、羽生善治という将棋界のリビングレジェンドに最年少プロの記録を更新した藤井聡太四段(中3)が初対局で勝ちました。コレは、エラいこっちゃです。青田買いするなら今だ!

藤井聡太四段遂に羽生三冠にも勝った... コレ本当にヤバいな... pic.twitter.com/KFaML1Jl1b

将棋の藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となる四段に昇段し、現役最年長の加藤一二三九段を破ったデビュー戦以来、公式戦では一度も負けることなく13連勝中と、デビュー後の連勝記録を更新し続けています。

敗れた羽生三冠は、藤井四段について、「攻守のバランスが非常によく、とてもしっかりしている将棋でした。今の時点でも非常に強いですが、ここからどれくらい伸びていくのか、すごい人が現れたなと思っています」と話していました。

非公式戦で1勝1敗の羽生三冠も彼の実力を認めている。明日の竜王戦中継が楽しみだわ! 将棋・羽生善治三冠 藤井聡... 『リアル零くん!藤井聡太四段』 5分 studyplus.jp/users/stray/ev… #studyplus

羽生善治三冠(46)が、デビュー以来無傷の18連勝を達成している藤井聡太四段(14)の今後を予想した。東京都渋谷区の将棋会館で取材に応じると「だれが来てそう簡単に負けない」と、非公式戦ながら2度対戦した経験から、現状の実力を評価した。

読書家で有名

天才棋士・藤井聡太の好きな本1位は『海賊とよばれた男』か。百田先生が知ったら大喜びだな。

将棋界に旋風を巻き起こしている天才棋士、藤井聡太四段(14歳)は読書家でもある。 彼のベスト3は、百田尚樹『海賊とよばれた男』、沢木耕太郎『深夜特急』、椎名誠『アド・バード』だという。 これが14歳、中学3年生のチョイスか! まさに後生畏るべし。いや、既に恐ろしい(^^)

受け答えが中学生とは思えない程しっかりしている

藤井聡太先生の文章は好きなので自戦記楽しみです。将棋と同じく、とても中学生とは思えない文章を書かれますよね

「大阪だと色々なメニューから好きな食事を選べるんです。でも東京の場合なぜか、おかずが詰まった弁当しか出されない。僕はチャーハンのような一品物が好きなんです。ご飯とおかずというのは何か重い感じがして、その日もお弁当は口にしませんでした」(奨励会時代の食事について、藤井聡太四段)

週刊新潮に掲載された藤井聡太新四段の記事 dailyshincho.jp/article/2016/0… 藤井少年が小学校の時に「どうして5分で分かることを45分もかけて教えるんだろう。授業がつまらない」と言ったとか、将棋のことを考えすぎて2,3回ドブに落ちたとか、苦手なものは虫とか。

美術が苦手?

連勝記録を続けている中学生のプロ棋士、藤井聡太四段は学校の教科では美術が苦手だそうだ。「美術には最善手が無い」と言っている。なるほど。私は将棋も美術も素人だが、答が一つという分野が苦手な側の人間なので、逆の立場から共感した。

加藤一二三九段も大好き

羽生三冠に勝ったことで藤井聡太四段の超人的才能が証明されたが、「将棋世界」3月号で藤井四段と対談した際、彼の思考を聞き出す貴重な機会にもかかわらず、カキフライ定食の話を延々続ける加藤一二三先生の超人ぶりが逆に際立ってしまう。 pic.twitter.com/UkZIeY8vTi

19連勝を賭けた第30期 竜王戦は5月25日(木)

囲碁・将棋チャンネルでは5月25日(木)、東京・将棋会館で行われる「第30期 竜王戦」6組ランキング戦の決勝「近藤誠也五段vs藤井聡太四段」の対局を、公式インターネット会員サービス「将棋プレミアム」にて解説付で完全生中継する

解説を担当するのは昨年12月、藤井四段のプロデビュー戦であり、連勝記録がスタートした対局の相手でもある"ひふみん"こと加藤一二三九段。因縁の相手にひふみんがどのような解説をするのかも必見だ。対局の模様は将棋プレミアムにて9:55~終局後退出まで完全生中継。また、同日19:00~19:45には囲碁・将棋チャンネルでも放送される。

1