1. まとめトップ
  2. 雑学

カリスマ美容師の先駆けも倒産...美容業界はかなり過酷な状況みたい

先日、「カリスマ美容師」の先駆け的な美容室「HAIR DIMENSION(ヘアーディメンション)」が破産開始をしましたが、美容業界は今、非常に厳しいみたい状態のようです。

更新日: 2017年04月28日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 158029 view
お気に入り追加

先日、「カリスマ美容師」の先駆け的な美容室が破産開始をした

東京・青山、表参道などで有名な美容室「HAIR DIMENSION(ヘアーディメンション)」を運営する株式会社ヘアーディメンションホールディングスが4月12日、東京地裁から破産開始決定を受けた

80年代の聖子ちゃんカット、2000年代のカリスマ美容師ブームと常に時代を牽引してきた

一時期は藤原紀香、浜崎あゆみなどタレントやモデルがこぞって通い、「料理の鉄人」の美容師版「シザーズリーグ」の放送後は全国から客が殺到、予約のとれない美容室の代名詞となった

これには驚きの声も多かった

ヘアーディメンション破産ってヤバいな。美容業界はそれほど厳しいってことか、、、 一時代が終わった感 ⚡️ “”紀香カット”で有名だった「ヘアーディメンション」が破産” twitter.com/i/moments/8545…

美容業界は非常に厳しいみたい

店舗がどんどん増えていく

日本には現在約22万店の美容院があるが、この数はコンビニエンスストア主要10社を合わせた店舗数の4倍以上だ

毎年約2000店のペースで美容院は増えており、過当競争で1店舗あたりの売上高は減少、毎年約1万店が廃業に追い込まれている

1年以内に閉店するサロンが60%、3年以内に閉店するサロンが90%、10年以内に閉店するサロンは95%と言われています

美容師の仕事は超ハード

競争が激化する中、美容師の雇用環境は決して良いとはいえない

朝から晩まで働いた後に練習をしたり、後輩の練習を見たりと一日の半分以上を職場で過ごすことになります

下積み期間が長い

美容師の新人アシスタントとして入社してから長らくの間は、営業が終わってからの練習会は続きます

美容師は下積みが長いと世間では言われていますが、最近の傾向として早いサロンで1年、平均2~3年、都内などの有名店ですと4~5年かかるそうです

それでも給与はかなり低いというデータもある

年収ラボによれば、2015年の美容師の平均年収は284万円。平均月収にすると23万円であり、手取り額にすると10万円台後半となる

近年のサラリーマンの平均年収が400~420万円と言われているので、美容師の収入は決して高いとは言えませんね

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する