1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

全員最低なラブストーリー『彼女がその名を知らない鳥たち』特報解禁

“イヤミス”作品で知られる沼田まほかる原作の実写映画『彼女がその名を知らない鳥たち』。登場人物が全員最低な大人のラブストーリー。特報映像が解禁となり、蒼井優・阿部サダヲ・松坂桃李・竹野内豊らが演じる“共感度ゼロ”の最低最悪な男女が確認できる。また、松坂は初となる“濡れ場”シーンも。

更新日: 2017年10月17日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
66 お気に入り 88732 view
お気に入り追加

◆蒼井と阿部がW主演する『彼女がその名を知らない鳥たち』

[昨日のニュースランキング1位]蒼井優と阿部サダヲが最低男女役 『彼女がその名を知らない鳥たち』映画化 cinra.net/news/20170131-… pic.twitter.com/6o119I0iui

女優の蒼井優(31)、俳優の阿部サダヲ(46)が、『彼女がその名を知らない鳥たち』(今秋公開)にW主演する。

同居する陣治を嫌悪してなじり、妻子ある別の男とも関係を持つ無職の女・十和子と、15歳歳下の十和子に異様な執着を見せる陣治の関係を軸に、失踪事件を巡る疑惑を描いた作品。

◆原作は「沼田まほかる」の人気ミステリー小説

沼田まほかる『彼女がその名を知らない鳥たち』

真梨幸子氏、湊かなえ氏と並び、後味の悪いミステリー“イヤミス”作品を数多く生み出してきた沼田氏による同作。

ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、20万部を超えるヒットを記録。

◆松坂桃李や竹野内豊ら豪華キャストが脇を固める

松坂桃李、竹野内豊ら豪華俳優陣が脇を固める。メガホンを握るのは『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督だ。

自らの性欲のためだけに行動し、妻子がありながらも十和子と不倫関係になる男・水島役の松坂桃李、十和子をひどく傷つけて別れ、その8年後に失踪する元恋人・黒崎役の竹野内豊。

◆松坂が蒼井と初めての“濡れ場”を演じることも話題に

『an・an 』( 2014)

雑誌の企画では“濡れ場”の経験もある松坂

ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。

◆そしてついに特報映像とポスタービジュアルが解禁

蒼井優と阿部サダヲがダブル主演を務める「彼女がその名を知らない鳥たち」の特報がYouTubeで解禁 。あわせてポスタービジュアルも公開された。

ビジュアルでは、冷たく薄暗い影と暖かみを感じる灯りが相交わるなか、鋭くも交わらない4人の視線が印象的なデザインとなっている。

◆映像では「全員、最低」な登場人物が描かれていく

暇を持て余した十和子が電話口で無茶なクレームをまくし立てる様子や、「男なんやったら男らしいとこ見せてみい」とののしられ卑屈な表情を見せる陣治の姿などが捉えられた。さらに誠実を装い十和子との不倫を楽しむ水島や、結婚話を打ち明け開き直る黒崎の様子も。

「でもこれは、まぎれもない愛の物語」の言葉でムードが一転し、十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声の先には、観る者の恋愛観が変わる結末を暗示させている。

1 2





記憶の中で生きてゆける