1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

卵の殻を捨てる前に活用!Twitter民の再利用ワザが参考に!

卵の殻はどうしてますか…捨てる前にこんな活用はいかがでしょうか。みんなの再利用が参考になりますね。

更新日: 2017年06月19日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
307 お気に入り 106503 view
お気に入り追加

卵の殻でビンや水筒を洗う!細長アイテムにいいね。

水筒、ポット、ペットボトルの他、すみずみまで洗浄したい時に良いようです。

中まで手が届きにくいグラスや瓶を洗う時は、卵の殻を利用するとよいわ 細かく砕いた卵の殻を入れてシェイクすると、殻が研磨剤代わりになって細かい部分の汚れもすっきりキレイに落としてくれるの

洗いにくい口の小さな瓶などは、卵の殻を細かく砕いて瓶の中に入れ、水を1/3くらいまで入れて良く振るとそれだけで瓶の中がきれいになります。洗剤も使わないのでエコです。

ミキサーや水筒を洗う時は、洗剤に卵の殻を混ぜるといいんだって!

卵の殻で茶渋もイケるよ~

割ったら、すぐにゴミになってしまう卵の殻ですが、実はこれお掃除道具になるのです。

卵の殻水筒に入れて振ったら茶渋めっちゃ綺麗に取れた

卵の殻は捨てずに漂白剤の代わりに使うことができます。 卵の殻を細かく砕いて、コップに入れてシェイクすると、ガラスのくもりが取れてピッカピカになります。 湯のみの茶渋を取るのにも使えますよ。

コップの茶渋は、卵の殻でこするとあっさり落ちることがわかった。 pic.twitter.com/Vz2byulJ2b

布巾を漂白することができるんです!なにそれ!!!

たまごを食べた後の殻が、漂白剤として利用できることはご存知でしたか?

*酸化カルシウムが二酸化炭素と反応することでお湯がアルカリ性になり、洗浄効果が発揮される

卵の殻1個分で、ふきん2~3枚は漂白可能です

漂白剤として…ふきんの黄ばみ汚れスッキリ!・・ふきんはいつも真っ白にしていたいものですが、漂白剤の強い匂いが苦手な人には卵の殻がおすすめです

鍋にお湯とふきん2~3枚、卵の殻を入れて10分ほど煮るとキレイに漂白してくれます。

★卵の殻で漂白剤代わりに★炭酸カルシウムの力で‼︎卵の殻を2,3個でふきんを鍋で15分から20分その後はよくすすいで干す‼︎焦げた鍋ですると綺麗になる‼︎匂いも落るよ‼︎素材は綿や麻で pic.twitter.com/wQ7zo1v9xh

敷居の滑りを良くする

引き戸が使っているうちにスムーズに開け閉めできなくなってきます。途中でつっかえたりして、ちょっとイラッとしたりします

潤滑油として…すべりの悪い敷居がスッキリ!・・・すべりの悪い敷居は、開け閉めのたびにストレスになりますね。そんな時には、卵の殻が効果的です

床掃除 敷居のすべりが悪いとき すべりの悪い敷居には卵の殻を布で包んで細かく砕き、布に少し水を含ませて敷居を拭くと、すべりがよくなります。

卵の殻を干して粉々にして、袋につめて敷居をふくと戸の滑りがとてもよくなります。

家庭菜園の肥料にも~試してみてね。

大きなボールを取り出して、用意した卵を全て割り落とした。山になった卵の殻は後で砕いて肥料にしよう。

卵の殻が!沢山になった(((o(*゚▽゚*)o)))家庭菜園にまいてこよぉおおお〜(((o(*゚▽゚*)o))) pic.twitter.com/RtamvjrjLn

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する