1. まとめトップ
  2. 雑学

実は名前が何度も変わってた!4月29日の休日「昭和の日」の歴史を知っておこう

4月29日の休日「昭和の日」。ゴールデンウィークの初日となり、ここから連休に入る人も多いですが、この「昭和の日」、実は何度も名前が変わってきたという歴史が。意外と知らない、国民の休日についてまとめました。

更新日: 2017年04月29日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 68108 view
お気に入り追加

・ゴールデンウィークの初日となる4月29日の休日「昭和の日」

昭和の日は、日本の国民の祝日の一つ。2007年1月1日施行の改正祝日法で新設された

・が、この「昭和の日」、時代とともにその名称が変わっている

▼「天長節」

昭和23年(1948年)までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた4月29日

「天長節」は昭和天皇の誕生日を指す。戦前は「天皇誕生日」は「天長節」と呼ばれていた。「天長節」には式典があり、教育勅語を奉読していた学校もあった

1927(昭和2)年から1948(昭和23)年までは「天長節」という祝日で、四大節(新年・紀元節・天長節・明治節)の一つとされていた

▼「天皇誕生日」

4月29日は昭和天皇の誕生日であり、1988年までは天皇誕生日だった

1949(昭和24)年から1988(昭和63)年までは、昭和天皇の誕生日を記念した国民の祝日「天皇誕生日」だった

▼「みどりの日」

「天皇誕生日」であったが、昭和天皇の崩御によって「みどりの日」に改められた4月29日

昭和天皇の誕生日であったが,1989年の死去に伴い「みどりの日」として制定された

1989(昭和64)年1月7日の昭和天皇崩御の後、それまでの天皇誕生日である4月29日を「生物学者であり自然を愛した昭和天皇をしのぶ日」として「緑の日」とすることとなった

▼「昭和の日」

2007年国民の祝日に関する法律の改正によって,みどりの日は5月4日に変更され,4月 29日は新たに昭和の日となった

昭和天皇のお誕生日にちなむ祝日「昭和の日」は、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日とされている

「緑の日」制定時には、昭和天皇を偲ぶという趣旨は盛り込まれなかった。このため、「昭和の日」に改称する法律案が超党派の国会議員により提出され、数度の廃案の後に2005年に成立、2007年より4月29日を「昭和の日」とし、みどりの日は5月4日となった

・意外と知らない国民の休日の歴史、知っておくことも必要かもしれません

祝日の名称や由来などに関心がないのか、「4月29日は何の日?」と聞いても正解が得られないことは多い

「昭和」と聞いて人は、いつの頃を、また、どのような出来事を顧みるのだろうか

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。