1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

門脇麦がオタク女子に『世界は今日から君のもの』予告編解禁

朝ドラ「まれ」以降、ドラマ・映画・舞台に大活躍の門脇麦。そんな彼女の演技に惚れ込んで、人気脚本家・尾崎将也が書下ろし、監督を務める映画「世界は今日から君のもの」が7月に公開される。予告編も解禁され、門脇がオタク女子の葛藤を見事に表現しながらも、コミカルで希望を感じさせる仕上がりになっている。

更新日: 2017年07月16日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 21819 view
お気に入り追加

◆朝ドラ以降、ドラマ・映画・舞台に大活躍の「門脇麦」

近年、「朝ドラ」脇役からブレイクを果たす女優が少なくない。『まれ』に出演した門脇麦(23)、清水富美加(21)など、その後、民放の話題作に起用された女優は多い。

『まれ』(2015)

深瀬のゼミ仲間として浅見康介役に「Kis-My-Ft2」の玉森裕太、広沢由樹役に小池徹平、村井隆明役に三浦貴大、谷原康生役に市原隼人。村井の妹で谷原の妻・明日香役に門脇麦と豪華キャストが集結。

ドラマ『リバース』(2017年4月期)

大竹しのぶ主演。17世紀フランス古典文学の代表作に平岳大、門脇麦、キムラ緑子ら豪華キャストが挑む。

舞台『フェードル』(2017年4月から全国で公演)

滝沢の脇を固めるのは、有岡大貴、門脇麦とフレッシュな面々。次々と起こる不審死事件の謎を追う記者・江崎駿也役を有岡、駿也の恋人であり、こどもつかいに翻弄される原田尚美役を門脇が務める。

映画『こどもつかい』(2017年6月公開)

◆そんな門脇がオタク女子役で主演する『世界は今日から君のもの』

[映画ニュース] オタク女子、恋に目覚める!門脇麦主演「世界は今日から君のもの」7月15日公開 eiga.com/l/oQr00 pic.twitter.com/67pign4aQ0

門脇麦(24)が来年公開予定の映画「世界は今日から君のもの」(尾崎将也監督)に主演し、引きこもりの女性役に挑戦する。

本作は高校時代から5年間、引きこもりだった主人公・真実(門脇)が特技のイラストの才能を認められ、自分の殻を破っていく姿を描く青春ストーリー。

父親役でマキタスポーツ、母親役でYOU、真実と出会うゲーム会社の社員・矢部遼太郎役で三浦貴大が出演。さらに比留川游、岡本拓朗、駒木根隆介が共演に名を連ねる。

◆人気脚本家・尾崎将也が門脇に惚れ込んで脚本・監督を務める

門脇は14年のフジテレビ系連ドラ「ブラック・プレジデント」で尾崎監督と初タッグを組んでいた。尾崎監督は当時から門脇主演の映画の構想を温めていた。

◆藤原さくらの曲が主題歌になったことも話題に

門脇麦主演「世界は今日から君のもの」の主題歌を藤原さくらが担当することが明らかに。

。映画の軽やかでかわいらしいイメージや門脇麦演じる主人公・小沼真実のイメージにぴったりだったため、この楽曲が主題歌として採用された。

◆そしてついに予告編とポスタービジュアルが解禁

元引きこもり・門脇麦がゲーム会社で葛藤 『世界は今日から君のもの』予告 cinra.net/news/20170428-… pic.twitter.com/BtZ6wE4siy

ポスタービジュアルには、透明感溢れる門脇 麦のアップ写真を使用。自ら社会を遮断し、引きこもっていた女性が、何をきっかけに世界を自分のものに変えていくのか?

「笑顔まで、あと少し。」というキャッチコピーが添えられ、その表情からは不思議と希望が感じられる仕上がりとなっている。

◆映像ではオタク女子の葛藤を門脇が表現

予告編では、ゲームのバグを探すバイトに取り組む真実が、ひょんなことからゲームキャラクターのイラストを執筆することになる。

真実の絵を見た遼太郎に「自由に描いていいの」と言われるシーン、「完成したら食事でもしよう」という遼太郎の電話に驚く真実の様子、真実が「私は落ちこぼれの引きこもりです」と呟く場面などが確認できる。

真実の葛藤や周りの人々の姿がコミカルに描かれている。映像の終盤では真実が海に落ちるシーンも。

1 2





記憶の中で生きてゆける