1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter民の脳裏に『強く印象に残った人物』の話が面白い

その言動の特異さ故に、妙に脳裏から離れない人物が登場するエピソードをまとめました。

更新日: 2017年04月30日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
139 お気に入り 350588 view
お気に入り追加

◆エピソード『脳裏に焼き付いた新入社員女子』 【2選】

新入社員と思われる女性達が皆同じ髪型とスーツ、ベージュのコートで10人以上歩いててビビってたら1人だけ紺色のコートの子がいて隊長機かよと思いました

本日は研修を終えた新入社員の女の子が初出勤してきたのですが開口一番「私のデスクはどこですか?」などと訊かれ「当面販売に従事するので基本売場が仕事場になりますので…」と答えたら「吾輩は新人である。デスクはまだ無い…なんつってw」と返されまたとんでもねーの来た…って思いました(退勤)

◆エピソード『脳裏に焼き付いた女性』

待ち合わせをしていたイケメンがおどおどしていたので、眺めていたら。。

恵比寿駅で降りたら、待ち合わせをしている人で溢れていた。皆、不安と期待が混ざった表情を浮かべてる。一人、かなりのイケメンがおどおどしてたのでどんな美女が来るのかと思ってたら、オシャレ感ゼロな女性が「ねぇ、待った?」とイケメンの背後からカンチョーして現れたので、吹いた。

◆エピソード『脳裏に焼き付いたお母さん』

女の子が何度も「お母さーん」と呼んでも買い物に夢中だったお母さん、「46歳のお母さん!」には秒速で反応してた

◆エピソード『脳裏に焼き付いたおばさま』

スターバックスで「冷たいコーヒーを中くらいのサイズで」とさらりと注文した品のいいおばさまに光を見ました

◆エピソード『脳裏に焼き付いたオッサン』

地元の公道で今朝から警察がネズミ捕りやってんだけど、スピード違反で捕まったオッサンが言い放った「スマホで速度制限くらったと思ったらお前らもか!」ってフレーズが頭から離れなくてね。

◆エピソード『脳裏に焼き付いた老人』

定食屋行ったら相席で、隣の老人(動きと言葉が常におぼつかない)が急に話しかけてきたんだけど、そのときの第一声が「プログラムのソースコードが…」だったので「そ、ソースコード!?」と思って真剣に話を聞いてしまった。

相席の老人がしてきた話「俺、糖尿なんだ」「大変ですね」「さっき通院してきた」「はい」「血液検査、昔は人が全部やってたわけ。それだと取り違えとか間違いがあった」「ええ」「今は機械で検査するから間違えない」「いい時代ですね」「俺が42年前に作った」「え?」「元IBM」「おお…」

その老人、耄碌してるけど知性に溢れてて、「海馬は脳の記憶を司ってるんだよ」って3回くらい教えてくれた。

◆エピソード『脳裏に焼き付いたセリフ』 【5選】

参加者の女性「お店の照明どんな感じ?」

飲み会の設定をしていたら参加者の女性から「お店の照明どんな感じ?」と聞かれたので「明るくはないよ」と答えたら「暗いの?」と返信してきたので「薄暗い感じだけどなんか関係あるの?」と返したら「私のメイクに関係します」と返ってきたので二次会は蛍光灯のまぶしいお店にしようと思います。

ヨドバシの店員さんが「写真上手いやつは打率高いだけで下手な写真も撮ってるからヘーキヘーキ 下手でも振れば当たるから、当たった時の感触覚えて打率上げてこ」って言ってるの聞いて すごいなと思いました。

元ヤンキーの医者の人と話す機会があったのですが、「俺は人殴るんと人治すんだけは誰にも負けん」と言ってたのが印象的でした。

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。