1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

一人暮らしにどう?「デザインの良すぎるハンガー」6選

ハンガーは同じ種類で揃えていたい。

更新日: 2017年04月29日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
151 お気に入り 71574 view
お気に入り追加

◇ 2倍の収納力のデザインハンガー

ドイツに拠点を置く「A’postrophe Design」のプロダクト・デザイナー、Ivan Zhangが手掛けた「Hanger(ハンガー)」は、1つで2着分の洋服がかけられる便利な洋服ハンガー。

通常は一般的なハンガーの形状をしていますが、上下に引っ張ると形が変形。ハンガーが2つ連なったような形状になります。

この形状によって、上下にそれぞれ服をかけておくことができ、さらに2つのハンガー部分の間にできた輪っかに、スカーフやネクタイ、ベルトなどをかけておけば、着用していたアイテムのほとんどを1つのハンガーでまかなえるようになります。

◇ シンプルに磁石でくっつくハンガー

Tシャツ、ワイシャツ、パンツはもちろん、重めのジーンズやジャケット類にも耐えられるネオジムマグネットと、頑丈で衝撃に強いABS樹脂素材を採用しています。

仕組みは実に単純明快で、本来ハンガーのフックがある箇所にマグネットが埋め込まれているというだけ。

たったそれだけのアイデアですが、フックがなくなるだけでグッと見た目がスッキリしてスタイリッシュにまとまります。

上の空間がないところにハンガーをかけるのはストレスです。これなら洋服を選びたい時もすぐに取り出すことができます。メタルラックと相性がいいかもしれません。

◇ 木と革紐だけのハンガー

商品紹介にも「木と革ひもをつないだだけ」、とあるぐらいシンプルな作り。

使用しないとき(写真右)は本当にハンガーだということもわからない。

木の部分に衣服を、レザーレースの部分を取っ手などに引っ掛けられるようになっており、使っていない時は縦に長い状態にコンパクトにしておくことができます。

服をかけてバランスをとるような部分もあるのでしょうか?ミニマルな印象もあり、白シャツがとても合いますね。

◇ 機能性も高いジーンズ用ハンガー

ジーンズを形よく干し、折り目や皺を作らずに収納できるハンガーです。アイロンに頼らなくてもシワなしのジーンズをすぐに用意できるとのことです。

ジーンハンガーは、可動パーツのないブナ材製の固形ピース。

ハンガー幅1.27cm。

ハンガーフックは、安全に木材にねじ込まれ、非常に頑丈で、他のパンツハンガーの様に壊れる心配はありません。

◇ 「メビウスの輪」なハンガー

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。