1. まとめトップ

てるみくらぶ、約75億円の債務超過!山田千賀子社長の役員報酬が3300万円だったことも判明

東京地裁に提出された破産申立書によると、少なくとも3年前の2014年9月期以降、営業損益が大幅な赤字だったのに黒字とみせかけていた可能性がある。最後の決算となった去年9月末の時点で、営業損益は約1億1000万円の黒字としていたが、実際は15億円以上の赤字で、債務超過は約75億円に膨らんでいたという。

てるみくらぶの破産騒動 社長の裏にいる黒幕と噂の人物

「できる女というより“イイ女”かな。今でも美人でしょ。益永さんは豪快で気のいい男ですよ。彼は(経営には)無関係と言ってるけど、山田さんをかわいがっていたことは確か。阿吽の呼吸でいいんじゃないの」

てるみくらぶ、異常過ぎた「赤字販売」の結末

結局、同社は3月27日、東京地方裁判所に破産を申し立てた。負債総額は151億円。東京商工リサーチによれば、その後のグループ会社の破綻も含めれば、関連の負債総額は214億円に達する。

てるみくらぶその後 【取り消しのお知らせ】

引き落としを担当している三菱東京UFJニコスからは、「引き落とし保留」のお知らせがきており、対応が決定したらまた連絡すると言われています。保留の為の一時的な措置でこのようなメールが来たのか、全額取り消しになったのか…詳細を確認すると、てるみくらぶの請求は全額消えています。このまま再請求にならないといいな。

関連:

1





alex4137さん