1. まとめトップ
4 お気に入り 12906 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寺コンを主催する「吉縁会」

お寺で婚活「吉縁会」

費用をかけずに安心した出会いを
お坊さんがサポートします

吉縁会のHPです。詳細アリ↑

発足地である静岡県浜松市にあります「吉縁会本部」を中心に、静岡西部、東京、名古屋岐阜、大分の臨済宗1000以上のお寺の協力を得て運営されております。

寺コンは一箇所で運営しているのではなく、臨済宗妙心寺派の多くの寺院が協力して運営しているそうです。東京以外でも静岡西・名古屋・岐阜・大分で開催されるのはありがたいですね。

「寺コン」では何するの?年齢制限は?

開会式(良縁祈願・お話)→→仏教体験30分~60分(和菓子作り体験・坐禅体験・精進料理・数珠作り体験など毎回異なります)→→

 →→談話時間(5分×人数)→→自由談話(時間の都合でない場合もあります)→→申請時間→→閉会式(お話)

上記は一例です。お寺だけに仏教体験などありますが特に「寺。仏教がすき!」という人を対象としているのではなく、誰でも参加できるそうなので気軽に仏教を知る機会にもなりそうですね。

25歳~49歳まで参加可能となりますが、一番多いのは20代後半~30代の方となります。

開催当日は、近い年代の方とお話しいただくために、年齢を上下で分けて20代~30代前半 30代後半~40代 のグループ別に開催いたします。

ボリュームゾーンは2~30代のようです。30代後半の方で20代と出会いたい!という人にとっては、グループを分けられてしまうのは痛手かもしれません・・・

会員登録については、一度お顔をあわせて、登録用紙に必要事項を記入していただきます。

会員登録はネットでは出来ないそう。時代遅れ??いいえ、違います。
わざわざ足を運んで顔を合わせる、という手間を踏んでもらうことによって「本気」で出会いたい人に参加してほしいという思いがあるそうです。

婚活ビジネスに疑問、立ち上がる坊主

※写真はイメージです

「友人の話を聞くと、結婚相談所ではとにかくおカネがかかる。入会金だけで何十万円、1回相手に会うごとに相談所におカネを支払い、めでたく成婚してもやっぱりおカネを払う。合わせると、莫大な金額になります。多少の経費がかかるのは仕方ないとしても、人と出会って結婚するためにこんなにおカネがかかるというのは、不自然だと思ったんですね。それで、自分たちのお寺で費用のかからない縁結びができないかと考えたのです」

吉縁会の発起人であり、静岡県浜松市にある龍雲寺(りょううんじ)の副住職、木宮行志さんの言葉です。お寺では、営利を目的としていないので最低限の費用(3000円程度、男女一律)で出会いの場を作ることができたのですね。

他の街コンとはここが違う、寺コンならではの人の和

人間としてダメな人には、ちゃんと叱る

「会をドタキャンしたり、相手に失礼なことをしたり、あるいはあいさつひとつできない、という人がいたときは、ちゃんと叱ります。きちんとした人のあり方や生き方を伝えて理解してもらえば、結果として結婚にもつながるからです」

運営側に気を使われたりすることなく、婚活のまえに「人として」の姿勢を見てくれているところが魅力的です。いわゆる「サクラ」がいないのも安心できますね。

会員からは、恋愛相談も来る。「時には1時間以上電話で話すこともありますよ。誘いたいけどフラれたら怖い、という悩みには『年内に5人フラれるぐらいで行きなさい』と。苦しいことは必ずある。

お坊さんに恋愛相談をしてもらえることも・・・
人として親身になって相談を聞いてもらえることは、他の婚活ツールではなかなかない貴重なことかもしれません。

寺コン人気の理由は
・低価格で気軽に参加
・スピリチュアル・ご朱印ブームなどいよる女性の参加の増加
・1000以上のお寺の協力体制で東京以外でもでも参加できる
なによりお客様としてではなく1人の人として接してくれるお坊さんの暖かさ厳しさに触れ、自身の思う幸せを見つける手助けになることにあるのかもしれません。

寺コン体験談

寺コンはお寺が主催する婚活イベントなので、参加者の雰囲気を見る限り結婚に対する本気度が高い印象を受けました。良い体験だったので、また機会があれば参加します。

(男性)

回転寿司形式と比べ、話す時間が多く取れたのがとても良かったです。後半の体験タイムの前にちゃんと交流タイムが組まれていました。共通の体験をしたことで話題も尽きず、リラックス状態で親睦を深めることができました。

(30代女性)

自己紹介を終えると、神社の拝殿で神主さんに良縁祈願をしてもらいました。身が清まった感じがして心地よかったです。それから神主さんのご講和を聴き、懇親会の会場へ移動。乾杯後はフリータイムだったので、いろんな人と話しました。この寺社コンの参加者は、多少なりとも寺社仏閣や歴史に興味がある人ばかりだったので、話が弾みました!

(20代男性)

1