1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

ハンバーガー戦国時代!行ってみたいリッチなハンバーガーのお店♪

メディアでも紹介されているハンバーガーのお店が続々オープン!まさにハンバーガ戦国時代。そんなテレビを見てていきたくなってしまった人も多いだろうハンバーガーショップについて。

更新日: 2017年04月30日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
266 お気に入り 65535 view
お気に入り追加

《表参道》UMAMI BURGER 青山店

2017年3月24日、最後の黒船ともいうべきバーガーショップが、東京は青山で産声をあげた。それが『UMAMIバーガー』である。

TIME誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」に選出されるなど、アメリカ国内で高い人気を誇る同バーガーショップ。

早速看板メニューの「ウマミバーガー(1380円)」をオーダー。ローストトマト、椎茸、パルメザン、キャラメルオニオン、ビーフパティがサンドされています。

ハンバーガーは肉の焼き加減を選べるこだわり。おすすめのミディアムレアにしました。肉はとってもジューシーでおいしかった。

トリュフバーガーを実食!トリュフ香るソースにたっぷりチーズ!ワイン煮詰めたソースも合わせているそうで、大人な印象♪ 甘みのあるバンズが結構存在感があるので一口目のお肉のインパクトは控え目ですが、パティ×チーズは間違い無い組み合わせですね!

《秋葉原》カールスジュニア 秋葉原店

メニューの方ですが、大きく分けて、普通のハンバーガーと特別なハンバーガーメニューには普通のはBURGERS。特別のはTHICKBURGERSって書いてあります。

あらかじめ言っておきたいのは、シックバーガーは単品でも1050円~1220円とそれなりに値段が張るということ。セットの場合はさらに350円がプラスされるから、ハンバーガーチェーン店の中では、かなり高額な部類に入るといっていいだろう。

中からずっしりしたビーフ―パテが出て来ました。ソースも美味しいです。シャキシャキの野菜もたっぷり入っており、通常のファストフードバーガーとは違いますね。

《表参道》The 3rd Burger 青山骨董通り店

東京・南青山の『the 3rd Burger』は、パン(バンズ)をお店で焼き、野菜をお店で切っている。さらにハンバーグ(パティ)もお店でミンチして焼いているというのだから、「手間暇をかけている」という点においては本格的といえるでしょう。

期間限定の九重親子バーガーを食べてきました。九重親子との関係は良くわかりませんが、バーガーは野菜たっぷり。こちらもわさびが利いていておいしかったです。パティは冷凍ではなくて生肉を店内でミンチに。バンズも店内で発酵して焼いているそう。

アボカドわさびバーガー。アボカドはお決まりで、メニューにあればほとんどいつも頼みます。アボカドペーストとわさびが入ったタルタルソースが良く合っていて、とてもおいしかったです。レタスも新鮮で、なるほど、これなら毎日食べられそう。

店内で焼き上げるというバンズはふんわりツヤツヤ!レタス、トマト、アボガド、クリームチーズがギッシリ詰まっている。これは流石に旨い!

《外苑前》シェイク シャック 外苑いちょう並木店

シェイクシャックについて説明しよう。現在、世界9カ国・全70以上の店舗を構えるシェイクシャックはNY発のハンバーガーショップである。その味は抜群との評判で、健康的に飼育されたアンガスビーフを使用するなど、素材にも強いこだわりを持つことでも有名。

1 2





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。