合成副腎皮質ホルモンと抗生物質の配合剤で、局所抗炎症作用により皮膚の炎症をおさえ、腫れやかゆみを改善し、抗菌作用により二次感染、化膿性皮膚疾患に効果を示します。
通常、湿潤、びらんを伴うか二次感染を起こしている湿疹、皮膚炎、虫さされ、外傷、熱傷、手術創などの治療に用いられます。

出典くすりのしおり | 検索結果詳細

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

皮膚炎(脂漏性皮膚炎・マラセチア毛包炎)の治療薬のまとめ

ニキビと思っていたら、「マラセチア毛包炎・脂漏性皮膚炎」だったという私が、使用したこののある塗り薬をまとめました。マラセチアは誰もが持っている常在菌(常に皮膚にいる菌)で、普段は悪さをしない普通の菌です。

このまとめを見る