1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

Twitterで見かけた愛用の「ワインオープナー」はこれ!

スクリューキャップやペットボトル・紙容器のワインも増えたけれど、コルク栓を抜くのもワインの楽しみの一つ。そんな時に愛用するのは伝統のスクリュー式(T字型)?それとも安心のウィング型(テコ式)?あるいはプロっぽくソムリエナイフ?ツイッターで見かけた愛用の「ワインオープナー」。

更新日: 2017年05月08日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 24005 view
お気に入り追加

◆昔からある「スクリュー式(T字型)」

ワインのコルク抜きってメーカーとかのサービス品でおいてあるT字型のコルク抜きが一番安全だと思う。こういう感じのやつ。 pic.twitter.com/6NcUUofJ2A

じつはワインの栓あけるとき、T字型のやつが一番好き。“んぎぎ~” 感。

T字のオープナーで簡単にワインコルク抜いちゃった挙げ句、その瞬間「よっ、男前!!」て声かかる辺りがアタシのダメなとこなんじゃないかとオモタ…

くっそお近所の店、ワイン売っててなんでオープナーないのよ! T字のシンプルなやつでいいの!

◆安心の「ウィング型(テコ式)」

ウィング式だとすんなり開いた。 お土産に貰ったワインだよー! さて、1人飯。いただきま! pic.twitter.com/cemJ4SmX9D

ウィング式のコルク抜きじゃなきゃ嫌だ!!!!! これはわがままでもなんでもない! ワインを楽しむための最低限必要なものだ!!! ぎっくり腰だけど・・・(´ε`)

p.twipple.jp/baRYz テコ式ワインオープナー見つけた!これで今後宅飲みするとき簡単にコルク抜ける\(^o^)/

と言うことで、素直にワインオープナーを買ってきました。ちなみにテコ式のちょっとイイやつ。これで今夜は心置きなく飲めるのですヽ( ・∀・)ノ

@kyouya5756 唯一の欠点→ワインオープナーが要ること。最初だからちょっと慣れなかったですがw。オープナーはテコ式の奴がいいかなって感じです。あれがまだ一番マシです(開けやすさという観点では)。 pic.twitter.com/7t0o3x2mWP

◆カッコよく決めたいなら「ソムリエナイフ」

17年間愛用していたソムリエナイフ。 直し直し使っていたけど、 代替わりすることにしました。 ラギオールちゃん、今までありがとね。 そして新しいラギオールくん、これからよろしくね。 instagram.com/p/BPpjxi4jhF1/

③ソムリエナイフ→上のはシトロエンで車を買った時に貰ったもので9年愛用したもの。壊れちゃって下のpulltexのものを今は使ってる。かたくないし2段になってるから女性にオススメかも #いいねされた数だけいつも使ってる私物を晒す pic.twitter.com/uhkkOFcSXs

で、フランス料理店の初めてのバイト代で田舎からLOFTに行き、ドイツ製のソムリエナイフ買ったのを未だに愛用してるけど、最近の安いワインはナイフなくても栄養ドリンクみたいに開けられるのでちょっぴり悲しかったりします。 pic.twitter.com/W6R5gVRTs4

数年前から愛用してる仕事道具のソムリエナイフ、ボディが牛角で出来ててその色合いの美しさに惚れ込んで買ったんだけど、これから抜栓の度に「これが親分の頭から生え…あ~っ」って萌えれて一生楽しめると思うと仕事が楽しい 親分ありがとう pic.twitter.com/90tdRO4D2u

何気なく買ったワインがコルクタイプで詰むかと思ったけど、いざ部屋の中探したらソムリエナイフがフツーに出てきて我ながら笑ったww 大学の時に愛用してたやつだw pic.twitter.com/Qad9o0ElR4

◆力いらずの「電動式」

初めて、電動式ワインオープナーを使ってみたっ♪超簡単にコルクが取れたから、めっちゃ嬉しいっ!(*≧∀≦*) p.twipple.jp/3Q7lq

新しい電動式ワインオープナー最高!はじめから電動式にしとけば良かった!

電動式ワインオープナーをテンション上がるやろって理由で購入☆空く時ホントすげー‼‼ pic.twitter.com/ckGiIoTT

うへへへ、ワイン飲んで、いい気分。コルク抜きが壊れてから、微妙な禁酒状態だったですが、このたび電動式ワインオープナー購入。気圧式しようかと思ったけど、怖いので、もう電動で、ふつーに開けてくれるのを選択。あっさりすっきり開けられた。うむ、良い感じ。

半自動ワインオープナーを買ってからワインの敷居が下がった。 ボージョレヌーボーを買う権利は拒否している。

◆困ったときの「裏技」

ワインオープナーが無かったので、靴を使ってコルクを空ける師匠の図。このあとしっかりコルク空けれた。 pic.twitter.com/zoVbRHvhpe

1 2





記憶の中で生きてゆける