1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

神戸山口組が分裂、三つどもえに…新組織「任侠団体山口組」が気になる

指定暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市)から離脱した一部の直系団体の幹部らが30日、新組織「任侠団体山口組」を発足させたことが分かった。

更新日: 2017年05月01日

11 お気に入り 87654 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○新組織「任侠団体山口組」を発足

指定暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市)から離脱した一部の直系団体の幹部らが30日、新組織「任侠団体山口組」を発足させたことが分かった。

指定暴力団「神戸山口組」を離脱した直系団体の組長らが先月30日、新たな組織を立ち上げたことがわかった。

○神戸山口組が分裂した

離脱した「古川組」(同県尼崎市)の組事務所で同日午後に結成式が開かれた後、幹部らが会見して明らかにした。

分裂の結果、三つどもえの抗争に発展する恐れもあり、兵庫県警などは警戒を強めるとともに、新団体の構成員や団体数などの確認を進めている。

事実上の分裂状態に入ることが確実となり、兵庫県警や大阪府警は情報収集を進めるとともに警戒を強めている。

○山健組の織田絆誠・元副組長が本部長を務める

背景には神戸山口組や中核組織「山健組」(神戸市中央区)の組織運営に対する反発があるとみられ、兵庫県警が情報収集と実態解明を急いでいる。

代表には神戸山口組の中核組織「山健組」の元副組長(50)が就くことなどが決まったという。

山健組の織田絆誠(よしのり)・元副組長(50)=絶縁=が代表、真鍋組組長(50)=同=が本部長を務める。

○関西地方を中心とした組が山口組から離脱して結成された神戸山口組

神戸山口組はおととし8月、関西地方を中心とした組が山口組から離脱して結成されました。

同5月には、岡山市で神戸山口組系幹部が射殺される事件が発生し、殺人容疑などで山口組系組員が逮捕された。

神戸山口組や中核組織「山健組」(神戸市中央区)の組織運営や金銭に関する不満を挙げており、兵庫県警が情報収集と実態解明を急いでいる。

○新組織には、神戸山口組の直系団体約30団体が参加

関係者によると、新組織には、神戸山口組の直系団体「真鍋組」(尼崎市)と古川組などのほか、山健組の傘下団体のうち約30団体が参加したとみられる。

一方、「神戸山口組」も幹部らが集まって会合を開き、今後の対応などについて話し合ったとみられる。

30日の会合が開かれた尼崎市の暴力団事務所には、組関係者らが続々と到着し、県警の捜査員や機動隊員が周辺の警戒に当たった。

○新組織では組長を置かない

新組織では組長を置かず、神戸山口組直系組長でもあった山健組の織田絆誠(よしのり)・元副組長(50)=絶縁=が代表、真鍋組組長(50)=同=が本部長を務める。

離脱は、上納金の徴収方法や、人事などへの不満を理由に挙げている。

神戸山口組は29日、神戸市内で会合を開いたが、今回の決起集会に参加した幹部らの姿が確認できず、分裂したとの見方が強まっていた。

1 2